女性が脱毛したい部位で多いのがワキ毛の脱毛。

特に、夏にノースリーブや水着などを着ていて手を上げた時に目立ちます。

ワキ毛は濃くて目立ちますし、腕などと比べるとお手入れも難しいもの。

カミソリで剃毛できますが、埋没毛(埋もれ毛)になったり、ポツポツ毛穴、ぶつぶつ毛穴になってしまうことだってあります。

「早く面倒なお手入れをどうにかしたい」と思っている女性も多いのではないでしょうか?

そこで、ワキ毛の脱毛は痛い?回数はどれくらい?また生えてくるの?ということでご紹介!

医療クリニックや脱毛サロンに行く前に見ておいてはいかがでしょうか?

ワキ毛の脱毛は痛い?

脇毛の脱毛は、腕や背中の脱毛と比較すると痛いです。

しかし、VIOと比較すると痛みを弱く感じることもあります。

また、脱毛の方法によっても痛みは違います。

さらに、痛みを感じやすい人や感じにくい人など個人差もあります。

そこで、なぜワキ毛の脱毛は痛いのか紹介していきましょう。

ワキ毛の脱毛が痛い理由とは?

ワキ毛の脱毛が痛い理由は、「毛の濃さが濃い事」と「脱毛部位の皮膚の厚さ」で、脱毛の種類によっても違います。

毛の濃さが濃いと痛みを感じやすい

身体には部位によって毛の濃さが違いますよね。

毛の濃さが濃いほど、毛根が元気なので、医療レーザー脱毛や光脱毛などで与えるダメージを多くする必要があります。

ですので、マシンの出力を高くする必要があるのです。

出力が弱いと効果が弱くなってしまうからです。

マシンの出力を高くすることにより、レーザーやフラッシュの熱を吸収しやすくなるので、痛みを感じやすくなります。

脱毛部位の皮膚の厚さ

皮膚の厚さが薄いと、痛みを感じやすくなります。

アジア人の皮膚の厚さで、顔、ワキ、ヒザ下などはおおよそ2~3mm程度。

身体の中でワキも皮膚が薄い部位に入ります。

脂肪が少ないため、痛みを感じやすくなってしまうのです。

脱毛の種類によるワキ毛の脱毛の痛み

脱毛の種類を大きく分けると、医療レーザー脱毛、光脱毛(フラッシュ脱毛)、針脱毛(ニードル脱毛)、ワックス脱毛などがあります。

その中で痛みの強い脱毛方法は、針脱毛(ニードル脱毛)、医療レーザー脱毛、ワックス脱毛となり、光脱毛(フラッシュ脱毛)は痛みも弱くなっています。

医療レーザー脱毛と光脱毛(フラッシュ脱毛)は、マシンの照射パワーの違いで、医療レーザー脱毛のほうが痛みが強くなります。

針脱毛(ニードル脱毛)は、毛穴1つ1つに針を刺して電気を流していくので痛みも強く、手間と時間もかかり、脱毛する毛の量が多いほど、痛みを感じる時間が長くなります。

ワックス脱毛は、一瞬ですが、強い痛みを感じます。

ワキ毛の脱毛の回数はどれくらい?

ワキ毛の脱毛で効果を感じることができる回数は、光脱毛で6回程度、医療レーザー脱毛では3回程度からです。

どちらも1回脱毛してから、1週間~2週間で毛が抜け落ちてくるので、効果を感じることができるでしょう。

ワキ毛の脱毛完了までの回数は、光脱毛で12回以上、医療レーザー脱毛で5回以上です。

ワキ毛は脱毛の回数が多いの?

ワキ毛の脱毛の回数は、顔やお腹などと比べて多いです。

その理由は、「毛が濃い」ことや「毛が太い」こと。

身体の部位で、比較的毛が濃くて太いのがワキやVIOなので、顔やお腹などよりも脱毛の回数が多くなったり、期間が長くなります。

また、ワキ毛の毛周期は1年~2年半ですので、顔の毛の毛周期の半年~1年半などと比較すると、ある程度間隔を開けて施術していく必要があります。

ワキ毛を脱毛した後にまた生えてくるの?

ワキ毛を脱毛した後に、毛が生えてくることもあります。

それは、照射漏れ、毛周期が違っていた、マシンの出力が弱かったなどの理由によります。

さらに、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことで毛周期が変わり、毛周期に合わせた脱毛ができなかったり、脱毛した後に、新しい毛穴ができてしまい、そこから毛が生えるくることもあります。

照射漏れで脱毛した後にワキ毛が生えてくる

照射漏れとは、レーザーやフラッシュが脱毛したい部位に当てられていなかったこと。

しっかりと当てていたつもりでも、うまく当てられていなかった場合にワキ毛が生えてくることがあります。

毛周期が違っていた

毛周期とは、毛の生え変わるサイクルのことです。

医療レーザー脱毛、光脱毛(IPL脱毛、SSC脱毛)は、毛周期に合わせた脱毛をしていきます。

それは、成長期の毛にレーザーやフラッシュを照射し、毛根へダメージを与えていくからです。

退行期や休止期の場合には脱毛の効果がないため、いくらレーザーやフラッシュを照射してもまた毛が生えてくるので、毛周期を間違ってしまうとまたワキ毛が生えてくることがあります。

マシンの出力が弱かった

レーザー脱毛や光脱毛で、マシンの照射パワーが弱い場合には、十分な効果が得られないため、またワキ毛が生えてくることがあります。

もちろん、脱毛の施術の回数が少ないとまた毛が生えてくることがあります。

まとめ

「ワキ毛の脱毛は痛い?回数はどれくらい?また生えてくるの?」という内容で紹介しました。

ワキ毛の脱毛は、顔やお腹よりも痛いため、痛いのが苦手な人は医療レーザー脱毛や針脱毛よりも光脱毛が良いです。

回数は医療レーザー脱毛で3回程度、光脱毛で6回程度の施術で効果を感じることができますが、つるつる、すべすべになるまでには、医療レーザー脱毛で6回以上、光脱毛では12回以上の脱毛が必要になります。※個人差あり。

ワキ毛を脱毛しても、また生えてくることもありますが、照射漏れ、毛周期の違い、マシンの出力が弱いなどが主な理由になります。

ワキ毛を早く脱毛完了するなら医療レーザー脱毛、痛みが弱く期間と回数が長くても良いのなら光脱毛がおすすめです。