あなたは、ワキのニオイが気になることはありませんか?

ワキのニオイは、雑菌が繁殖、増殖してしてしまうのが原因。

特に、アポクリン腺から出る汗はニオイが強いので、こまめに拭き取って肌を清潔に保つようにしたいものですね。

この記事では、ワキのニオイと脱毛との関係をご紹介します。

ワキのニオイと脱毛の関係 肌を清潔に保っておこう

ワキのニオイと脱毛には関係があります。

そこで、まずは汗腺から出る汗の違いをご紹介しましょう。

エクリン腺(エクリン汗腺)とアポクリン腺(アポクリン汗腺)の違い

人間の皮膚には汗が出る2種類の汗腺があります。

1つ目は全身にあるエクリン腺で、主に体温を下げる働きがあります。

エクリン腺から出る汗は水分が約99%で、残りが塩分がほとんど。

ニオイもほとんどありません。

2つ目は、アポクリン腺。

気になるワキのニオイの原因も、アポクリン腺から出る汗です。

アポクリン腺はワキ、おへそ、耳の中などにあり、エクリン腺よりも大きいのが特徴です。

思春期に分泌を開始するので、親がワキガの子供さんは、中学生や高校生の頃にワキガが気になり始めることが多いでしょう。

ニオイが気になる人は、肌を清潔に保っておきましょう。

エクリン腺とアポクリン腺の分泌方法の違い

アポクリン腺は、エクリン腺と分泌方法に違いがあります。

エクリン腺は、唇などの一部を除いてほぼ全身の皮膚に存在します。

手のひらに汗をかいたり、足の裏に汗をかくことも多いのではないかと思いますが、それはエクリン腺から出ている汗になります。

体温調節などの役割があるので、お風呂に入って汗をかいたり、辛いものを食べたりした後に発汗します。

毛穴とはつながっていません。

アポクリン腺は、体の一部であるワキ、こばな(鼻の先の左右両端の部分)、乳輪などにあります。

アポクリン腺は、毛穴とつながっています。

汗そのものは無臭なのですが、皮膚の常在細菌などにより分解されて、ニオイを発生させてしまうようになります。

ワキガの人はもちろんですが、ワキガではないという人も肌を清潔に保っておかないと、ニオイが強くなってしまいます。

ワキのニオイと脱毛の関係

エクリン腺は毛穴とつながっていないので、脱毛とは無関係ですが、アポクリン腺は毛穴とつながっているので、脱毛との関係もあります。

ワキ毛があると、ワキの汗を拭いた時に、肌表面の汗までキレイに拭き取ることが難しくなります。

ワキにかいた汗も溜まりやすくなってしまいます。

なので、脱毛することでワキ毛がなくなり、菌の増殖を抑えることができるのです。

ワキのニオイと脱毛の関係 雑菌の繁殖と増殖を抑えよう

ワキのニオイと脱毛の関係には、雑菌の増殖の違いがありました。

ワキを清潔に保っておくためには、汗をかいたらしっかりと拭き取っておくことが大切です。

ワキ毛があると、ワキ毛が邪魔をして汗をキレイに拭き取るのが難しくなります。

こまめに汗を拭き取っておけば、雑菌の繁殖や増殖を抑えることができるのです。

 

さらにワキ脱毛しておけば、ワキ汗も拭き取りやすく、ワキ毛に汗が溜まるのを防ぐことができます。

ワキだけの脱毛ができる医療レーザー脱毛、脱毛サロンもあります。

ただ、手軽にワキのニオイを防ぎたいという人もいるはず。

そのためには、制汗剤を使ったり、ツボ押しをすることでワキ汗を抑えることもできます。

まとめ

「ワキのニオイと脱毛の関係 | 肌を清潔に保って雑菌の繁殖と増殖を抑えよう」ということでご紹介しました。

暑い季節になると、ワキ汗も多くなるのでワキのニオイが気になる人は制汗剤を使ったりツボ押しをしてみてはいかがでしょうか。

また、ワキ毛が気になる人は脱毛を考えてみても良いのではないでしょうか?

ワキの脱毛をすることで汗をかきやすくなったという人もいますが、ワキ毛が薄くなったりなくなってしまうことで、ワキに汗が残りやすくなり、より汗を感じやすくなっているからです。

ワキ毛を脱毛することで、肌を清潔に保つこともできますし、ワキのお手入れもしやすくなり、さらに雑菌の繁殖や増殖を抑えることにつながります。