脱毛サロンや医療クリニックでは、生理中の脱毛を推奨していません。

生理中は、肌の状態も普段と違うということがその理由です。

ストラッシュのSHR脱毛は、肌に優しい脱毛なので生理中でも脱毛できそうです。

そこで、ストラッシュの脱毛は生理中でもできるのか、肌への影響はあるのかという内容で紹介していきます。

ストラッシュの脱毛は生理中でもできる?

ストラッシュの脱毛は、VIO(ハイジニーナ)とヒップを除き、生理中でも脱毛できます。

予約を取るときには、生理の期間を避けて取るようにするのが良いのですが、予定どおりにいかないことってありますよね。

ストラッシュならそんな時でも安心です。

生理中でもVIOやヒップを避けて脱毛することができるからです。

 

少しでも早く脱毛を終わらせたいと言う時に、生理がきたからと言って、他の部位の脱毛を諦める必要はありません。

せっかく時間をつくって予約したのに、1回分の脱毛をキャンセルするのはもったいないですよね。

生理中に脱毛できなかったVIOやヒップはどうなるの?

生理中に脱毛できなかったVIOとヒップは、後日施術できるように振替できます。

もし、生理中にVIOとヒップを除いて脱毛の施術をしたとしても、施術できなかったVIOとヒップは後でちゃんと施術してもらえます。

ストラッシュで生理中に脱毛したときの肌への影響

ストラッシュで生理中に脱毛すると、「ホルモンバランスの乱れにより、脱毛の効果を得られにくい」という場合があります。

肌への影響は、「痛みを感じやすい」、「赤みなどの肌トラブルの可能性が高くなる」などです。

これは、ストラッシュだからというわけではなく、どの脱毛サロンや医療クリニックでも言えることです。

生理中の肌は敏感だからです。

ストラッシュで生理中に脱毛すると痛みを感じやすい

個人差はありますが、ホルモンバランスが乱れると、痛みを感じやすくなります。

普段よりも生理中は、ホルモンの分泌量が減少し、肌が乾燥しがちだからです。

肌が乾燥すると、外部刺激に弱くなるので、光やレーザーなどを当てると通常よりもより痛みを感じやすくなります。

ストラッシュを含む多くの脱毛サロンや医療クリニックが、生理中の脱毛を推奨していないのもそのような理由があるからです。

ストラッシュで生理中に脱毛すると肌トラブルの可能性が高くなる

肌が乾燥すると言うことは、外部刺激から肌を守る皮脂が少なくなり、バリア機能も低下します。

バリア機能が低下するという事は、赤みなどの肌トラブルの可能性が高くなるということにつながります。

 

夏に紫外線を浴びて、肌が赤くなった経験がある人もいるでしょう。

それと同じような肌の状態になりやすいということなのです。

 

いくらストラッシュで脱毛するときの照射パワーが弱く、肌が熱を持ちにくいと言っても、肌が乾燥してバリア機能が低下していては、赤みなどの肌トラブルの可能性が高くなってしまうのです。

ですので、生理中の脱毛は、肌トラブルの可能性が高くなると言えるのです。

ストラッシュで生理中に脱毛すると普段より脱毛効果が低下?

生理中に脱毛するときに痛みを感じやすいと言うことは、普段よりもマシンの出力を弱くして脱毛する可能性が高くなります。

マシンの出力が弱いと言うことは、肌に当てる光のパワーが弱いということなので、当然、脱毛の効果も現れにくくなってしまいます。

ストラッシュは、他の脱毛サロンや医療クリニックより普段でもマシンの照射パワーが弱めですが、さらに照射パワーを下げると言うことは、脱毛効果も低下します。

ですので、同じ料金なら生理中に脱毛するのではなく、効果を得られやすい生理中以外のときに脱毛することをおすすめします。

 

↓ ↓ストラッシュの詳細や無料カウンセリングの予約は公式サイトへ↓ ↓

>>>全身脱毛専門店STLASSH(ストラッシュ)<<<

 

まとめ

「ストラッシュの脱毛は生理中でもできる?肌への影響はあるの?」という内容で紹介しました。

ストラッシュの脱毛は、VIOとヒップを除けば、生理中でも脱毛できます。

ただし、痛みや赤みなどの肌への影響が考えられますので、できれば生理中を避けて脱毛していくことをおすすめします。

ストラッシュは毛周期を気にせずに脱毛できるので、予約も取りやすいので、他の脱毛サロンや医療クリニックよりも、スケジュール管理が簡単です。

気になる人は、公式サイトを見てみてはいかがでしょうか?

 

↓ ↓ストラッシュの詳細や無料カウンセリングの予約は公式サイトへ↓ ↓

>>>全身脱毛専門店STLASSH(ストラッシュ)<<<