光脱毛(フラッシュ脱毛)の種類の中の1つにSSC脱毛があります。

ミュゼプラチナムや脱毛ラボで行っている施術方法です。

でもどのようにして脱毛していくのか疑問に思っている人もいるのではないでしょうか?

そこで、SSC脱毛のしくみ、メリットとデメリットを紹介していきましょう。

SSC脱毛のしくみとは?

SSC脱毛のしくみは、抑毛効果のあるジェルを肌に塗って、その上から光を当て、脱毛していきます。

SSC脱毛のSSCとは、スムース・スキン・コントロールの略。

イタリアのDEKA社が開発した脱毛方法です。

SSC脱毛は肌に優しい脱毛方法なので、痛みが強い脱毛はしたくない人に向いている脱毛方法です。

では、もう少し詳しくSSC脱毛のしくみを脱毛の順序とともに紹介していきましょう。

SSC脱毛のしくみと脱毛の順序

1、脱毛したい部位にビーンズジェルを塗布

SSC脱毛では、抑毛効果や美肌効果のある青いビーンズが入ったビーンズジェルを脱毛したい部位に塗布します。

2、クリプトンライトをビーンズジェルに照射

ビーンズジェルを塗った部位にクリプトンライトを照射し、熱を加えることで、ビーンズジェルの中に含まれている青色の粒子の膜が弾けて、中からフィリニーブ成分が出てきます。そして、フィリニーブ成分が毛穴に浸透し、毛が再生するのを抑えてくれるしくみになっています。

SSC脱毛で使う光とは?

SSC脱毛で使う光は、クリプトンライトと言うものを使用しています。

クリプトンライトは肌に優しいのですが、光そのものに直接的な脱毛の効果はないようです。

IPL脱毛で使用しているキセノンランプは、ジェルを使用しなくても脱毛の効果がありますが、クリプトンライトはジェルを塗らなくては脱毛の効果がないのです。

ですので、SSC脱毛のときには、脱毛する部分にジェルを塗ってから光を当てて脱毛するようなしくみになっています。

抑毛効果のあるジェルとは?

脱毛ラボは、SSC脱毛をしていて、抑毛効果のあるジェルを使っています。

その成分とは、フィリニーブ成分やダイズイソフラボン成分など。

それぞれ調べてみると、フィリニーブ成分とは、体毛の抑毛や脱毛に効果のある植物由来成分を数種類まとめたものの名称だということでした。

フィリニーブ成分には、セイヨウシロヤナギ成分や尿素などが含まれているため、荒れた肌の鎮静作用や皮膚を柔らかくしてくれる柔軟化作用などがあるようです。

ダイズイソフラボン成分は、抑毛効果のほか美肌効果もあります。

肌に塗ることで肌の細胞の新陳代謝を活発にし、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進、肌の保湿力を高める働きがあります。

SSC脱毛のメリット

SSC脱毛のメリットを4つご紹介!

そのメリットとは1、痛みが少ない 2、肌に優しい 3、美肌効果を期待できる 4、施術時間が短めということです。

どんな脱毛方法と比較するかによっても違いますので、他のどの脱毛方法と比較してそうなのかということで紹介していきます。

SSC脱毛のメリット1、痛みが少ない

SSC脱毛は、光(フラッシュ)脱毛の1種なので、医療レーザー脱毛よりも、光のエネルギーが弱いものを使用しています。

これは、強いエネルギーで毛根を破壊する行為は医師以外ではできないという決まりがあるからです。

医師免許を有しない者の脱毛行為

ですので、医療レーザー脱毛よりもSSC脱毛は痛みが少ないのです。

針脱毛も医師免許が必要で、医療レーザー脱毛よりも痛みは強くなっています。

また、IPL脱毛と比較すると、ジェルを塗らないIPL脱毛よりも、ジェルを塗るSSC脱毛のほうが、直接肌に光を照射しないので、痛みは少なくなっています。

他に、SHR脱毛がありますが、脱毛のしくみが違い、毛包へ働きかけるので、SSC脱毛よりも痛みは少ないようです。

脱毛での痛みの強さを強いほうから順番で並べますと、1、針脱毛(ニードル脱毛) 2、医療レーザー脱毛 3、IPL脱毛 4、SSC脱毛、 5、SHR脱毛となります。

SSC脱毛のメリット2、肌に優しい

痛みの強さが強いほど、脱毛の効果は期待できるので、医療レーザー脱毛よりもSSC脱毛は脱毛効果は弱いのですが、その反面、肌に優しい脱毛方法です。

また、IPL脱毛は肌を冷やしながら光を当てていきますが、ジェルを塗らないので、直接光が肌に照射されます。

ですので、肌への優しさではSSC脱毛のほうが優しいと言えるでしょう。

肌に優しい脱毛方法を優しい順番で並べますと、1、SHR脱毛 2、SSC脱毛 3、IPL脱毛 4、医療レーザー脱毛 5、針脱毛(ニードル脱毛)となります。

SSC脱毛のメリット3、美肌効果を期待できる

SSC脱毛で使用するジェルには、美肌効果を期待できるフィリニーブが含まれています。

フィリニーブ成分には、ハマメリス、メントール、尿素、アルニカ、セイヨウオトギリソウ、セイヨウシロヤナギなどが含まれており、肌荒れを抑えてくれる働きがあります。

肌にジェルを塗らないIPL脱毛よりも美肌効果は期待できますね。

4、施術時間が短め

医療レーザー脱毛で施術する場合、両ワキを約10分かけて脱毛しますが、SSC脱毛では約3分程度で脱毛できます。

脱毛ラボでも最新の脱毛マシンを導入し、従来、全身脱毛1回が約120分~150分かかっていたところを約60分から90分で脱毛できるようになっています。

SSC脱毛のデメリット

SSC脱毛のデメリットを3つご紹介!

そのデメリットとは、1、ジェルが冷たい 2、日焼けしていると脱毛できない 3、効果を感じるまでに時間がかかるということです。

では、デメリットも他の脱毛方法と比較して紹介していきます。

SSC脱毛のデメリット1、ジェルが冷たい

SSC脱毛では、施術前にジェルを塗りますが、そのジェルが冷たいのです。

なぜ冷たいジェルを使うかといいますと、肌の保護や痛みを軽減する働きがあるからです。

SSC脱毛で光を照射すると、肌に熱を持つため、冷たいジェルで肌を冷やし、保護する働きがあるのです。

SSC脱毛はもともと痛みは少ないのですが、肌を冷やすことでさらに痛みを感じにくくする効果を得られます。

SSC脱毛のデメリット2、日焼けしていると脱毛できない

SSC脱毛もメラニンに反応する光を使用するので、日焼けしていると火傷や赤みなどの肌トラブルを引き起こしてしまう可能性が高くなりますし、十分な脱毛効果を得ることもできなくなってしまいます。

肌の黒い人や日焼けを気にせずに脱毛するならSHR脱毛がおすすめです。

SHR脱毛についての記事はこちら⇒SHR脱毛のしくみとは?痛みが気になるあなたは見て!

SSC脱毛のデメリット3、効果を感じるまでに時間がかかる

SSC脱毛で効果を感じるまでの回数は6回程度なので、2ヶ月に1回通って全身脱毛をしたとしても、1年間かかります。

また、毛周期に合わせて脱毛していくので、1回脱毛しただけはあまり脱毛効果を感じることができないのです。

さらに、医療レーザー脱毛よりもマシンの照射パワーが弱いため、時間がかかるのです。

毛が抜け落ちるのを早く感じたいという人には、ニードル脱毛が良いでしょう。

まとめ

「SSC脱毛のしくみとは?メリットとデメリットはこちら」という内容で紹介しました。

SSC脱毛は痛みが少なく肌に優しい脱毛ですが、冷たいとか時間がかかるなどのデメリットもあります。

そのようなメリットとデメリットを比べて、あなたは脱毛してみたいと思いましたか?