胎児がお腹の中にいる時に脱毛はできるのでしょうか?

また、妊娠中に脱毛するとしたら、妊婦さんや胎児にどのような影響があるのでしょう?

妊娠中は普段と違って、いろんな事が気になってイライラしてしまうこともあります。

そこで、妊娠中に脱毛できるのか、また、妊婦さんや胎児に与える影響について紹介します。

ホルモンバランスが関係しているようですよ。

妊娠中に脱毛はできる?

妊娠中に脱毛はできません。

その理由は、ホルモンバランスが変わる、安定しないことです。

また、脱毛サロンには医師が常駐していないので、体調が悪くなった時に適切な処置ができません。

 

ホルモンバランスが変化しやすいということは、毛周期も安定しません。

多くの脱毛サロンや医療クリニックでは、毛周期に合わせて脱毛していきます。

毛周期とは、大きく分けて「成長期」「退行期」「休止期」になり、脱毛する時に、成長期の毛を利用して、毛を作る元の部位へとダメージを与えていきます。

ですので、成長期の毛を狙って脱毛するのが難しくなってしまい、脱毛効果も期待できなくなってしまいます。

毛周期の詳細はこちらの記事へ⇒毛周期の意味とは?毛の生え変わりと脱毛との深い関係

妊娠中の脱毛が妊婦さんに与える影響

妊娠中は脱毛できませんが、もし、妊娠中に脱毛したとしたらどのようなことがあるのでしょう?

そこで、妊娠中に脱毛したときに、妊婦さんに与える影響をご紹介します。

1、妊娠中は肌が敏感になる。

肌が敏感になると、肌トラブルを引き起こしやすくなります。

妊娠中に光やレーザーを照射してしまうと、普段よりも肌へのダメージが強く、肌の乾燥や肌荒れなどの可能性も高くなってしまうのです。

2、痛みを感じやすくなる。

普段より、妊娠中は痛みを感じやすくなります。

妊娠中でない時でも、殆どの脱毛サロンでは痛みを感じるでしょう。

個人差はありますが、部位や毛の濃さによって痛みの大きさも違います。

特に、レーザー脱毛は光脱毛よりも痛みが強いので、痛みを我慢できずに施術を諦めてしまうことにもなりかねません。

また、陣痛が始まってしまうことも考えられます。

3、毛が濃くなったり生えやすくなったりする。

プロラクチン、プロゲステロンの分泌が促進

妊娠すると、プロラクチンという物質やプロゲステロンの分泌が増加します。

プロラクチンが増えると乳腺の働きが良くなり、毛が生えやすい状態になります。

ですので、今まで毛の生えていなかった部位にも毛が生えてくることがありますし、産毛も濃くなってしまうことだってあるのです。

ただ、産毛は一時的に濃くなったとしても、出産後には元通りになります。

プロゲステロンの分泌が増えると、メラニンもたくさん作り出されるので、シミやそばかすなどの他、毛も濃くなってしまいます。

4、ニオイに反応して気分が悪くなる。

妊娠中は、ニオイに敏感になる人もいます。

普段は平気なニオイでも、妊娠中は気になることもあります。

自分や周りの人のニオイもそうですし、香水などのニオイも気になる人がいます。

つわりの影響でニオイに敏感になり、気分が悪くなってしまうことがあるのです。

5、身体への負担が大きい。

妊娠中は身体を動かすのも大変ですし、同じ姿勢で長時間にわたって施術するのもストレスの原因になります。

さらに、光やレーザーを照射すると、痛みも感じやすくストレスの原因になります。

冷たいジェルも身体への負担が大きくなります。

妊娠中のストレスは、血管収縮作用により、胎児の栄養不足の原因になることもあります。

妊娠中の脱毛が胎児に与える影響

妊娠中の脱毛は、ストレスを感じる事で胎児に与える影響は考えられますが、光やレーザーが体内の胎児に与える影響はありません。

光やレーザーは、肌表面だけに働きかけて脱毛していきますので、体内への影響はないのです。

かと言って、妊娠中の脱毛はデメリットが大きいし効果を期待できないので、施術できる脱毛サロンや医療クリニックはないのです。

高いお金を払って脱毛するので、体調が良いときにしっかりと施術してもらうのが良いでしょう。

まとめ

「妊娠中に脱毛はできる?妊婦さんや胎児に与える影響とは」ということで紹介しました。

妊娠中に脱毛はできませし、脱毛したとしても、デメリットが多すぎるので、どこの脱毛サロンや医療クリニックでも施術していません。

また、妊娠中はストレスを感じやすく、その影響で胎児が栄養不足になることもあるということでした。

脱毛するなら、出産後で毛周期に合わせて脱毛するのがおすすめです。