脱毛するときに、妊娠中だったらどうなのでしょう?

妊娠中はホルモンバランスが乱れてしまうので、体の調子が良くないこともあります。

そんな時に、サロンやクリニックで脱毛したらどうなるのでしょう。

疑問や不安に思ってしまうこともあるのではないでしょうか?

そこで、妊娠中の脱毛はどうするの?レーザー、光、カミソリのどれがいいのかという内容でご紹介します。

妊娠中の脱毛はレーザーでできる?

妊娠中の脱毛はレーザーではできない場合がほとんどです。

その理由についてご紹介していきます。

 

脱毛施術は、ムダ毛を根元から綺麗に処理することができるので、スベスベの状態を長期間キープできるのが魅力です。

けれど、施術完了までには一定の期間が必要になってくるので注意が必要です。

 

特に女性の場合は施術契約期間中に妊娠をすると、脱毛が受けられなくなるので気を付けましょう。

ムダ毛をケアできる施設には美容クリニックのような医療機関と、エステサロンのような美容施設に分けることができます。

美容クリニックではムダ毛への効果が高く、永久脱毛に近い仕上がりを期待できるレーザー方式でケアできるのが大きなポイントです。

 

ただし、肌にかかる負担も大きく、痛みや腫れ、赤みが強く出る場合もあります。

妊娠中の女性は、通常時よりもホルモンのバランスが大きく変わっています。

これにより外からの刺激に肌が過剰に反応することが考えられ、施術ができないところが多くなります。

 

さらに、つわりなどの体調不良により、施術中に具合が悪くなることもあるので、妊娠中は施術を避けることが大切です。

施術が母体に直接影響を与える可能性は少ないですが、レーザー方式の強い痛みで子宮収縮を引き起こすことも考えられるので、トラブルやリスクを回避するためにも施術は中断しましょう。

妊娠中の脱毛は光(フラッシュ)でできる?

妊娠中の脱毛は光(フラッシュ)ではできない場合がほとんどです。

 

エステサロンのような美容施設では、肌にフラッシュを照射する光脱毛でムダ毛をケアするのが一般的です。

このフラッシュ方式はレーザー方式よりも肌に与える負担が少ないため、痛みや肌の腫れ、赤みが出にくいというメリットがあります。

 

ですが、光(フラッシュ)方式もレーザー方式と同様に、妊娠中は施術ができないところが多くなっているので注意が必要です。

エステサロンの施術は肌ダメージが少ないため、妊娠期間中も施術ができそうなイメージがありますが、エステサロンは美容施設のため、医師が滞在していないところが多くなっています。

そのため、施術時に万が一のトラブルが起きた場合、対応が遅れてしまう可能性があるため、妊娠中の施術を避けるところが多くなっています。

 

エステサロンで行っている光(フラッシュ)脱毛は、美容クリニックのレーザー脱毛と比較すると、施術完了まで多くの回数が必要になってくるのが特徴です。

個人差もありますが、12回から18回ほどの施術を数か月に1度のペースで進めるので、完了までに2年から3年ほどかかる人が多くなります。

ですので、エステサロンで脱毛にチャレンジしようと思ったら、妊娠の可能性がないタイミングを選ぶこともポイントになります。

店舗によっては契約の一時中断や延長ができるので、相談することも大切です。

妊娠中のムダ毛処理をカミソリでするとどうなる?

妊娠中のムダ毛処理をカミソリですると、肌を傷つけてしまったり、乾燥肌になってしまうこともあります。

 

多くのエステサロンや美容クリニックでは妊娠中に加え、授乳期間中も脱毛施術を断るところが多くなります。

ですので、これらの期間中はムダ毛を自分でケアするように心がけてみましょう。

 

ムダ毛の自己処理というと、カミソリによるシェービングが定番になってきます。

ですが、シェービングは肌に大きな負担を与えてしまうので、できたら避けるのがおすすめです。

 

特に注意したいのが、入浴中のカミソリの使用です。

カミソリでムダ毛を剃ると、肌には目に見えない細かな傷が多数できています。

この状態で湯船につかると、お湯に漂っていた雑菌が傷から体内へと侵入し、痛みや腫れ、赤みを引き起こす可能性があります。

さらに妊娠中はホルモンバランスの変化により、普段は生えていない部位にムダ毛が生えたり、濃くなったりすることが考えられます。

これを気にして頻繁にシェービングをしていると、乾燥肌や黒ずみが定着してしまうので気を付けましょう。

 

妊娠中にムダ毛が気になる場合は、電気シェーバーでケアするのがおすすめです。

さらに、電気シェーバーでのケア後は、化粧水やクリームを利用して肌を十分に保湿することも大切です。

そうすることで、ヒリヒリとした痛みや乾燥を和らげることが期待できます。

まとめ

「妊娠中の脱毛はどうするの?レーザー、光、カミソリのどれがいい?」という内容でご紹介しました。

妊娠中の脱毛は、レーザーでも光(フラッシュ)でもホルモンバランスの変化によって、肌にかかる負担が違ってきます。

外部からの刺激に弱くなってしまうこともあり、多くのサロンやクリニックでは、施術を断られてしまうようです。

妊娠中は、カミソリでシェービング出来るのですが、肌荒れや肌の乾燥を引き起こしやすくなる場合もあるので、電気シェーバーを使って脱毛するようにするのが安心です。

特に冬は寒いので、お風呂でカミソリを使ってシェービングするのは避けるようにしたいですね。