毎回、ムダ毛処理をするのは面倒で大変ですよね。

1箇所ならまだ良いのですが、体全体となると時間もかかりますし面倒です。

ですので、ムダ毛処理をしていない人もいるはずです。

この記事では、ムダ毛処理を忘れたみんなの体験談をご紹介!

恥ずかしい思いをしたくない人は、見ておきませんか?

意外なことで、恥ずかしい思いをしてしまうこともありますよ。

ムダ毛処理を忘れたみんなの体験談!

ムダ毛処理を忘れてしまうと、思いもよらないことで恥ずかしい目にあってしまうことがあります。

ドレスを着るとか、水着になるなどは予定が決まっているので、事前にムダ毛処理をすることができますが、ムダ毛処理をしていなかったために、恥ずかしい思いをしてしまうのは、予想もできなかったことが起こった時が多いです。

そんな恥ずかしい思いをした人の体験談をご紹介します。

結婚式で指毛処理を忘れていて恥ずかしい思いをした体験談

 

 

 

 

 

ゆうこ 23歳

その日は友達の結婚式の受付を任されている日でした。

結婚式でドレスを着るので前日、全身のムダ毛を念入りに処理して完璧、と思っていました。

が、一ヶ所忘れていたところがありました。

それは指毛です。

指毛だけがボーボーの状態でした。

会場に着いて指毛だけ処理できていないことに気付きましたがもう遅く、こんなボーボーの指で受付をしなきゃいけないということにものすごく焦りました。

 

しかしもうどうしようもないので、そのまま受け付けへと立ちました。

一人一人と会う時間は短いですが、200人近く来る人たちからご祝儀を受け取らなくてはいけません。

手を使わないなんてことは出来ないので、しっかり両手で受け取っていました。

その度に何故か後ろにあった大きめのきらびやかな証明に照らされて、ツンツン生えている指毛がはっきりと見えるんです。

もう気になって気になって仕方ありませんでした。

全員が全員その時指を見るということはないと思いますが、それでも数人は気付いてるだろうな、と勝手に落ち込んでしまいました。

せっかくきれいなドレスを来て髪の毛もきれいにアップにして気合いの入った格好なのに、指は毛がボーボーなんて本当に恥ずかしいし間抜けでした。

周りの話すとそのくらい大丈夫でしょ、と言われましたが、「誰も私の指を見ないで」と思いながら受け付けをしていました。

脚のムダ毛処理をせずにマッサージ店で恥ずかしい思いをした体験談

 

 

 

 

 

かれん 33歳

私は腕や脚の毛が濃いので夏場などは毎日お風呂でカミソリを使って剃っています

しかし冬などはタイツや長いパンツなどを履くためついつい剃るのを面倒くさがってムダ毛が生えっぱなしになってしまうことが多々ありました

 

ある身体がとても疲れていたのでたまたま通りがかったマッサージ店に入ることにしました

特に脚がむくんでいたので何も考えずに脚の疲れを取るリフレクソロジーを受けることにしました

冬でスカートにタイツを履いていたのでコースの説明を受けたマッサージしやすいように半パンに着替えるように指示されました

半パンに着替えた瞬間しまった思いました

脚の毛がボーボーだったのです

今更キャンセルするわけにもいかずマッサージ台に上がったのですがなんと現れた担当の方がなんと男性の方だったのです

女性の方ならまだしも男性の方にこんなにボーボーに生えた脚の毛を見られマッサージで脚を触られることになったのです

恥ずかしいような申し訳ないような変な気持ちになってしまい全くリラックスして施術を受けることができませんでした

しかも担当の男性はとても優しくイケメンで丁寧に施術をしてくれたので本当に恥ずかしかったです

デパートの試着室で脇毛を見られた体験談

ゆい 31歳

普段私はカミソリで週二程度お風呂でムダ毛処理をしています。

夏場は薄着になる機会も多いので頻繁に脇毛などのチェックをしていますが、寒くなると「どうせ服で隠れちゃうしいっか」と面倒くさくなり、週一で処理するかしないかでした。

 

専門学生だった20歳の秋頃の出来事です。

胸が小さい事で悩んでいた友達がある日「私の友達がAカップのブラをずっと使ってたんだけど、お店で測ったらCカップだったらしい!」と興奮ぎみで話してきました。

「そんなの測り間違いとかじゃないの?」と私は半ば信じなかったのですが、友達は「自分ももしかしたらそれくらいあるかも!でも1人で行くのは恥ずかしい…」という事で、後日一緒に下着屋さんに行く事になりました。

私も実際に下着屋さんに行って測った経験はありませんでした。

服の上からメジャーで測ってサイズを確認するくらいだろうなと軽い感じで考えていました。

そして後日、デパートの下着屋さんに一緒に行き1人ずつ試着室に入りました。

その時ハッとしました。

「脇毛の処理してない??」と…。

服を脱ぐまで、自分の脇毛が1週間以上も放置されていたのを忘れていました。

見られたくないな、どうしよと考えていたらお店の方に「腕を上げてください」と言われ申し訳なさそうにそーっとあげると「ちょっと触りますね」と背中から肉を前に集められ思わず万歳ポーズをしてしまい、放置されていた脇毛がチョロり…。

一瞬横目で脇毛を見られたような気がして恥ずかしくなり、早くその場から立ち去りたくて言われるがまま下着を買って逃げるようにお店を後にしました。

ブラを試着するときに恥ずかしい思いをした体験談

さや 25歳

ムダ毛処理はわりとこまめにするのですが、一時期面倒くさくてなにもしたくない時があり、処理を怠っていました。

それが当たり前のようになり、気にもしていない頃、下着を買いに行こうと思って下着売り場へ行きました。

 

ブラを試着しようとしたら、そのブラジャーのブランドの店員さんが「バストサイズを測りましょう!」と一緒に試着室へ入りました。

ムダ毛処理をしていないことをすっかり忘れていた私は快く了承し、服を脱ぎ、ブラを取りました。

そして、前の鏡を見てみるとムダ毛だらけの自分の姿が映っていました。

 

そこで初めて自分がムダ毛処理を怠っていたことを思い出しました。

もちろん脇毛もしてないので、結構伸びていてとてもじゃないけど女性の脇じゃないみたいでした。

そしておへそや腕なども凄かったです。

けれど、もう店員さんも一緒に試着室に入っているので、出ていってくれとは言えず、待たせるのも失礼だったので先に謝ってからバストサイズを測ってもらいました。

 

店員さんは笑顔で測ってくれましたが、鏡で見る表情は結構引きつっていました。

なので終わったあとにひたすら謝り倒しました。

脇の下に腕を通すことがあったんですが、「あー、これはー」と微妙な表情をしていたので脇毛を気にしていたんだと思いました。

とにかく店員さんに謝り倒して、帰ったら即処理しました。

そしてもう二度とムダ毛処理をさぼらないようにしようと思いました。

ムダ毛処理をせず病院で恥ずかしい思いをした体験談

さとみ  34歳

もう10年以上も前の話になります。

女友達とランチをし、「美味しかったねー」など言いながら、その後は友達の家でおしゃべりしながら映画を見て漫画を読んで、気付いたら寝ていました。

 

しばらくして、私はお腹の調子が悪くなり、目を覚ましました。

寝ている友達にすまんと言いつつトイレへ。

毒素を出し切り部屋に戻ったものの、まだ体の調子がおかしい状態でした。

フラフラして吐き気がするし熱っぽい。

再びトイレへ行き、部屋に、トイレへを繰り返していると友達が目を覚ましました。

 

その時、もう私は痛みで動けませんでした。

目を覚ましたら顔面蒼白で、「病院、病院」とつぶやいている私を見て友達は慌てて車に私を乗せて病院へ行きました。

 

病院に到着し、診察室で、「じゃ、お腹見せて?」と言われた瞬間血の気が引きました。

「どうせ女友達だから」と思っていた私は、ムダ毛処理を全くしていませんでした。

私は痛みとダルさで意識朦朧になりながらも「それは…」と言いました。

 

医者「何?こんなに痛がっているのに苦笑」ガバァァー!

無理矢理剥ぎ取られ脇毛、二の腕、背中という上半身のムダ毛が丸見え状態に。

しかし向こうもさすがプロで、ムダ毛?だから何だよという風な涼しい顔でした。

 

結局、腹痛の原因は食中毒で、3日ほどで退院しました。

しかし、ムダ毛は向こうは気にしていなくても、女性なら絶対気になるものです。

どこに行くにも100%の状態でいなければ何が起こるかわからないので、ムダ毛処理はしておけば良かったなと心底後悔しました。

食中毒になった事も苦い経験でしたが、ムダ毛の失敗も同じくらい私の中では苦い経験です。

まとめ

ムダ毛処理を忘れたみんなの体験談、どうでしたか?

特に、病気はいつ起こるかわからないので、困りますよね。

普段からちゃんとムダ毛処理をしていれば、恥ずかしい思いをせずに済むのですが、カミソリでのムダ毛処理って面倒ですよね。

また、カミソリでの剃毛は、ムダ毛処理の回数が多いと肌荒れや埋没毛の原因になり、肌に負担が大きくなります。

そんなときには、脱毛も考えてみてはいかがでしょうか?