女子校生を含む未成年者でも、女性ならムダ毛が気になる人も多いのかもしれませんね。

特に、思春期頃には身体が変化してムダ毛などが気になり始める頃だと思います。

自分でムダ毛の処理をしても良いのですが、脱毛サロンに興味がある人もいるはず。

そこで、未成年者が脱毛サロンに行くときには親の承諾や同意書は必要なのかご紹介します。

未成年者を脱毛サロンで受け付けてくれる?

脱毛サロンはムダ毛に悩む女性の強い味方となっており、多くの方が利用しています。

ワキや背中、腕や脚などに生えているムダ毛は他の部位と比べて目立ちやすいものですが、毛質が太くて多い方は特に気になるでしょう。

女性が脱毛サロンに通い始める時期は、学校を卒業して仕事に就いてからという方が多いですが、できるだけ早めに処理してスッキリさせたいと願う女性も少なくありません。

脱毛サロンによっては、高校生などの未成年者も受け付けているので、施術を希望する未成年者は、サロンが提示している条件を確認しておきましょう。

未成年者が脱毛サロンに行くときには親の承諾や同意書は必要?

脱毛サロンで未成年者が契約するためには親の承諾と同意書が必要になります。

一番良いのは、親と一緒にカウンセリングを受けることですが、親が仕事で忙しかったり学校の友人と一緒に受けたいといったケースもあるでしょう。

親が同伴しなくても、事前に用意しておいた同意書を持参して行き、サロンの担当者が親に確認が取れたら契約を結ぶことができる場合もあります。

ただ、親に内緒で脱毛サロンに行った場合は、電話連絡で断られる場合もありますから、必ず同意を取っておかなくてはなりません。

脱毛サロンで使用する同意書

持参する同意書は、脱毛サロンのホームページからダウンロードできるので、プリントアウトして必要事項を書き込みましょう。

自宅にプリンターがないなどの理由で専用の同意書が用意できないときは、同じ内容を用紙に書いて提出すれば良いという場合もあります。 ※通いたい脱毛サロンに確認しておきましょう。

未成年者が脱毛サロンに行く前に肌、体の調子をチェック

未成年者でも書類上は施術を受けることができますが、肌の調子や体の調子を考慮しながら受けるようにしましょう。

高校生は大人と比べて体のバランスが未熟な面もあるので、思わぬ肌トラブルを引き起こすことも考えられます。

十分な睡眠をとるなど生活のリズムを整えたうえで脱毛サロンに通い始めることをおすすめします。

多くのサロンが肌に優しい施術を提供しているため初めての方も安心して利用できますが、自分の肌や体調に関して心配なことがあればあらかじめ相談して不安を解消しておくことが大切です。

 

サロンでは初回から施術を行うのではなくカウンセリングを実施してから施術に入るので、不安や疑問は解消できるシステムが整っています。

カウンセリングを予約する際は通いたいサロンのホームページを開き、専用フォームを使って申し込み手続きを行うと便利です。

インターネットなら24時間いつでも操作ができるので、日中の営業時間は学校に行っていて電話ができないという方も不便さを感じないでしょう。

脱毛サロンの料金や支払い方法のチェック

脱毛サロンではさまざまな施術メニューを揃えています。

メニューによって脱毛部位や回数、料金が違ってくるので、カウンセリングを受ける前にどのメニューを選ぶか決めておくと安心です。

ワキや腕などパーツを選んで施術を受ける場合は少ない予算で済みますが、全身脱毛メニューを選んだ場合は数万円という金額になるためお金の用意も必要になってきます。

費用の負担を親にお願いする場合は、施術メニューや料金プランを一緒に見ながら選ぶようにしましょう。

高校生など未成年者を対象とした学割プランを設定しているサロンもあるので、賢く利用すれば料金面で得する場合もあります。

 

料金の支払い方法も各サロンによって異なりますが、現金で支払う以外にクレジットカード決済も選択できるようになっています。

全身脱毛では一括払いが負担になる可能性もありますが、クレジットカードを選べば分割払いが可能になるので月々の負担を軽減させることができます。

アルバイトの収入を毎月の支払いにあててもいいですし、お小遣いで支払ってもいいでしょう。

高校在学中に通い始めた方も卒業した後は条件が変わってくることもあるので、契約する際は最後まで通い続けた場合の費用を確認しましょう。

まとめ

「未成年者が脱毛サロンに行くときには親の承諾や同意書は必要?」という内容でご紹介しました。

未成年者が脱毛サロンに行く時には、親の承諾と同意書が必要になります。

また、肌の調子、体の調子、料金、支払い方法などでわからないことは事前に脱毛サロンに聞いておきましょう。