埋没毛(まいぼつもう)になった経験はありますか?

埋没毛とは、肌の表面に毛が出ずに、皮膚の中で毛が成長してしまうこと。

では、そんな埋没毛がどうしてできるのでしょうか?

この記事では、埋没毛ができる原因と解決法、さらに脱毛サロンで埋没毛は施術できるのか紹介します。

埋没毛ができる原因とは?

多くの女性がムダ毛の自己処理をしています。

いろいろな自己処理方法があり、自宅で手軽に、簡単にできる方法があります。

カミソリや毛抜きを使用している人の中に、皮膚に黒いブツブツしたものができた経験のあるという人は多いです。

この黒いブツブツは、皮膚の中で毛が成長している状態で、埋没毛、埋もれ毛と呼ばれています。

 

埋没毛、埋もれ毛の原因は、普段行っているムダ毛の自己処理によるものです。

例えば、カミソリや毛抜きを使用してムダ毛を処理したとき、毛穴に傷がつき、炎症が起きることがあります。

そうすると、毛穴がかさぶたや角質で覆われ、皮膚が治癒したときにも毛穴がふさがってしまい、毛が外に出られない状態になってしまいます。

 

埋没毛をよく見ると、皮膚の中に毛が埋まって、くるくるとした渦巻の状態になっていたり、まっすぐ横に皮膚に埋まっていることがわかります。

特にカミソリは、肌を傷つけやすい処理方法です。

その他、毛抜きや脱毛ワックス、脱毛テープといった処理方法も、肌の表面や毛穴を傷つけやすく、毛が皮膚に埋まってしまいがちです。

これが、黒くポツポツ見える理由なのです。

 

ムダ毛の自己処理は、手軽で安く済むメリットがありますが、肌へのリスクも大きいのです。

また、自己処理の期間が長くなればなるほど、肌へのダメージも大きくなります。

 

埋没毛を防ぐためには、カミソリや毛抜きを使わずに、電気シェーバーでの除毛が良いでしょう。

ただし、カミソリよりも少しだけ毛が残ってしまいます。

 

自己処理をしないようにするには、フラッシュ脱毛(光脱毛)やレーザー脱毛などをするのも1つの方法です。

埋没毛を防ぐためにも良いのではないでしょうか。

埋没毛ができた時の解決法

埋没毛ができてしまったら、よく、針などを使って皮膚を破り、無理に引き抜くとということをする人もいますが、そのようなことを行うと、別の場所を傷つけることになって、さらに肌へのリスクが高まってしまいます。

 

もともと埋没毛の原因は、皮膚が傷ついて角質化してしまうことです。

そこをさらに傷つけるようなことをすれば、次に生えてくる毛も埋もれてしまいます。

また、雑菌が入り込めば炎症を起こしますし、刺激によってメラニンが生成されて色素沈着してしまうことがあります。

 

埋没毛ができた時の解決法としては、肌にこれ以上のダメージを与えないよう、ムダ毛の処理をやめて毛が自然に出てくるのを待つことです。

ムダ毛の処理をしないで過ごすことが耐えられない人もいますが、これが一番肌に良い方法といえます。

優しく患部を洗ったり、入浴後はしっかりと保湿ケアすることで肌のターンオーバーを促し、埋もれた毛を自然に出てくるのを待つのです。

 

また、角質を落とすスクラブで洗い、その後に、肌を柔らかくする保湿剤を使用する、という方法もおすすめです。

とにかく状態を悪化させずに角質が除去できるのを待ち、ターンオーバーが乱れないよう、しっかり保湿ケアすることが必要といえます。

 

ただ、「どうしても埋没毛が気になるという人」、「早く埋没毛をなんとかしたいという人」のための、ボディスクラブやピーリングはこちら↓ ↓ ↓ 



↓ ↓マイルドボディスクラブの公式サイトはこちらをクリック↓ ↓

>>>ベールアンドコー マイルドボディスクラブ<<<

 


↓ ↓ ↓ 楽天市場で人気の美容液ピーリングはこちら ↓ ↓ ↓

【楽天総合売上第1位5冠受賞達成品】濡れたまま角質ケアで感動つるつる肌へ!濃密美容液で角質ケア ナチュレーヌ アクアピール モイスチャーピーリングジェル 300mL+40mLおまけつき

埋没毛は脱毛サロンで施術できるの?

埋没毛の脱毛は、脱毛サロンによって施術を断られることもあるようです。

詳細は、各脱毛サロンに問い合わせるようにしましょう。

 

ただ、医療レーザー脱毛では施術ができます。

毛根へピンポイントにレーザーを照射できるため、埋没毛の脱毛も可能です。

その他、皮膚科で処理してもらう方法もあります。

 

埋没毛を防ぐには脱毛サロンがおすすめ

埋没毛にならないようにムダ毛を無くすためには、脱毛サロンの利用がおすすめです。

皮膚にダメージを与えることなく脱毛が行われるため、毛が埋もれるようなことがありません。

埋もれ毛の予防になります。

カミソリや毛抜きでのムダ毛処理は、埋没毛の原因になるので、「埋没毛にならないように予防したい」という人は脱毛サロンの利用が良いのではないでしょうか?

まとめ

「埋没毛ができる原因と解決法&脱毛サロンで施術できるの?」という内容で紹介しました。

埋没毛を防ぐためには、毛抜きやカミソリでの自己処理よりも、電気シェーバーを使うことをおすすめです。

仕上がりの綺麗さでは、脱毛サロンや医療クリニックでの脱毛のほうが、電気シェーバーより綺麗です。

埋没毛は自然になくなりますが、早めになんとかしたい場合には、ボディスクラブやピーリングがおすすめです。