大人と違って、まだ成長段階にある子供さんの肌は、ホルモンバランスが安定していないという事があげられます。

なので、大人と同じようにクリックやエステサロンでの脱毛をしても、思ったような効果が得られない場合があります。

そこで、子供さんが脱毛するときに知っておきたいデメリットとして、ホルモンバランス、脱毛効果、肌トラブルについてご紹介します。

子供の脱毛のデメリットにはホルモンバランスがある

子供が脱毛するときのデメリットには、ホルモンバランスが安定していないことがあげられます。

子供でもムダ毛が気になり悩みになっていることもあり、子供でも脱毛エステサロンや医療クリニックで脱毛することがあります。

ムダ毛が濃いため、すぐに脱毛を始めることが良いこととは限らない場合があり、大人と同様にムダ毛の処理で体や肌に与える影響を考える必要はあります。

その理由の1つに、体毛が濃くなる時期が関係しています。

 

思春期の女の子は、女性ホルモンのバランスが安定してないため、男性ホルモンの影響を受けて体毛が濃くなっていることがあります。

この場合に早々にエステサロンでムダ毛の処理を始めることはデメリットになる可能性があります。

 

また男の子も同様に声変わりが始まったり、体毛が生えるなど第二次成長期で毛の量が安定していない状態です。

毛の量や毛周期が安定していないと脱毛で正しい効果が得られず、余計に施術する回数が増えることもあります。

 

女の子は月経開始後に徐々にホルモンバランスが整っていくため、体毛も薄くなっていくことが多いです。

ムダ毛に悩みがある女の子で月経が始まっていない場合は、すぐにエステサロンやクリニックに行かずに、少し様子をみることも必要です。

ムダ毛が気になってコンプレックスになってしまっているような状態であれば、皮膚科などに相談して、エステサロンやクリニックでムダ毛の処理を始めてもよいかを相談することがポイントです。

子供の脱毛のデメリットは脱毛効果にも関係がある

子供の脱毛でデメリットになることは、脱毛効果が出にくいということも考えられます。

小学校や中学校くらいは体の発育状態が安定してない状態です。

この時期は、体毛の生え変わりの周期も定まっていないことも多いと考えられます。

 

サロンなどでは、毛周期に合わせて効果的に施術をしていくことが重要で、その毛周期が安定しない場合には、脱毛を始めても大人のような効果が得られるということは期待できないのです。

 

さらに子供の肌は大人に比べると薄くてデリケートなため、炎症や火傷などのトラブルが発生する可能性が高くなります。

女の子は、初潮を迎えることで女性ホルモンが活動し始めて体も大きく変化し、初潮後5年以上経過しなければホルモン状態も安定していないため、脱毛の効果もあまり得られません。

毛周期も安定していないため、さらに効果が出にくく施術する回数も増える可能性があります。

 

男の子も、毛の濃さは男性ホルモンに大きく影響され、声変わりや陰毛が生えるなど毛の量が変化するため、サロンなどで施術をしてもあまり効果が得られないこともあります。

 

思春期などムダ毛が気になる時期であれば、すぐにサロンやクリニックなどでムダ毛処理するのではなく、まずは家庭で手軽に使えるムダ毛処理のマシンを使うなどで様子をみることも良い選択だと思います。

子供さんから「エステサロンや医療クリニックで脱毛したい」と相談されたら、エステサロンやクリックよりも価格が安い家庭用脱毛器のケノンの購入を考えてみるのも良いかもしれませんね。

楽天よりも安くケノンを販売しているサイトを見つけました。

↓ ↓ ↓ ケノンを安く購入できるのはこちら ↓ ↓ ↓

脱毛器ケノン


↓ ↓ ↓ ケノンの詳細はいまスグこちらをクリック ↓ ↓ ↓

>>>>>脱毛器ランキング1882日連続1位!真似できない実績「ケノン」<<<<<

子供の脱毛のデメリットは肌トラブルにも関係がある

子供の脱毛は、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があることもデメリットのひとつです。

特に施術前後の日焼けは、肌や体に悪影響を与えることがあります。

 

エステサロンで子供の脱毛をする時のデメリットで、フラッシュ(光)脱毛は低出力で肌に優しい施術ですが、大人と違うのは肌が敏感で柔らかいため、肌にダメージを受けやすくバリア機能も低下しやすいことです。

かなり無防備な状態の肌に紫外線を浴びることで、肌トラブルを引き起こす可能性があります。

大人は紫外線対策を万全にすることは可能で、紫外線から肌を守ることはできますが、子供さんの場合は、学校の登下校や体育の授業、友達と屋外で遊ぶなど日光を浴びる機会は大人よりも多く、中途半端な紫外線対策では無防備な肌を守ることは難しいです。

 

また、エステサロンでの脱毛は、施術が完了するまでに数年かかることもあります。

なので、日焼けによる肌トラブルのリスクをどのように対処するかがポイントになります。

 

脱毛するために、手軽に使えるカミソリを使う場合もありますが、カミソリはさらにおすすめできないムダ毛処理の方法です。

カミソリを使うと、剃ったところが黒いポツポツになったり、肌を傷つけることなどが考えられます。

なので、エステサロンを利用する方法を考えることも必要なのではないでしょうか?

 

女の子であれば初潮から3年経過していれば可能なエステサロンがあったり、男の子であれば17歳を過ぎたころから毛周期などが安定することもあり、その時期であればエステサロンでもキッズプランなどを用意していなくても対応可能なところもあります。

まとめ

「子供の脱毛のデメリットはホルモンバランス、脱毛効果、肌トラブル」という内容でご紹介しました。

大人よりも肌の弱い子供さんの脱毛には、様々なデメリットがありました。

肌トラブルを引き起こさないためにも、肌に優しい脱毛をしてあげたいですね。

カミソリでのムダ毛処理は肌を傷つけやすく、毛抜きの場合には毛根にダメージを与えたり、埋没毛になったりすることがあるので避けましょう。

かと言って、クリックでの脱毛は肌への負担、ダメージが大きく、エステサロンでの脱毛も毛周期やホルモンバランスを考えるとあまり効果的ではなさそうです。

どうしてもムダ毛が気になるのなら、家庭用脱毛器のケノンなどでお手入れをするのも良いのではないでしょうか?

ケノンの詳細はこちら ⇒ ⇒ ⇒絶賛レビュー7万件突破!だから選ばれてる脱毛器ケノン