毛の処理は面倒ですよね。

でも、見た目のことを考えるとムダ毛の処理は必要なのではないでしょうか?

そこで、この記事では、脱毛とカミソリで毛の処理するときのメリット、デメリットを比較してご紹介!

どうすればいいのか見ておきませんか?

毛の処理はどうすればいい?脱毛とカミソリを徹底比較

毛の処理には、脱毛する方法やカミソリで剃る方法があります。

毛抜きを使って抜く方法もありますが、肌への負担や手間がかかること、時間がかかることを考えるとおすすめできません。

脱毛とカミソリでは、それぞれメリットとデメリットがあります。

違いを徹底比較しますので、あなたはどちらが良いのか比べてみてくださいね。

脱毛で毛の処理をするときのメリット

◯回数を重ねることでお手入れがカンタンになる。

脱毛には、医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛、ニードル脱毛もありますが、どれも回数を重ねて脱毛を続けていくことで、お手入れがカンタンになります。

毛の濃さが薄くなっていったり、ほとんどお手入れをしなくてもよくなるのです。

カミソリは毛の処理をしても、また同じように元気な毛が生えてくるので、ずーっと剃毛をしていかなければなりません。

◯埋没毛(埋もれ毛)や切り傷の心配がない。

埋没毛(埋もれ毛)とは、毛が肌の表面に出てこれなくなり、毛が皮膚の中で成長してしまった状態のことです。

カミソリで毛を処理するときに皮を傷つけてしまい、皮膚が再生するときに厚くなり毛が通れなくなって、皮膚の中で成長してしまうのです。

脱毛で施術する時には、肌に直接カミソリのように刃を当てることはないので、埋没毛になりませんし、切り傷の心配もありません。

◯毛穴が目立たなくなり肌がキレイに見える。

脱毛でムダ毛が細くなったり、生えてこなくなると、毛穴が細くなっていきます。

太い毛が生えているときには、毛穴が開いてしまうので、どうしても目立ちやすくなります。

また、カミソリで剃っても、毛根から肌の表面までは毛が残っているので、脱毛よりも見た目はよくありません。

◯手の届かない部位も脱毛できる。

カミソリで剃毛する時には、ほとんどの人が自己処理だと思います。

でも、背中やうなじなどどうしても自分1人だけでは剃ることができない部位もありますよね。

家庭用脱毛器以外の脱毛の場合には、サロンやクリニックで施術するので、うなじや背中などお手入れできない部位も脱毛することができます。

パーティーでドレスを着るとき、水着を着るときなどには背中のムダ毛がないほうがキレイに見えますし、着物を着てうなじを出すときなどにも、うなじがキレイだと見た目も良いです。

脱毛で毛の処理をするときのデメリット

◯脱毛の施術にお金がかかる。

医療レーザー脱毛、ニードル脱毛、フラッシュ脱毛などいろんな脱毛方法がありますが、カミソリで剃るよりもお金がかかります。

ただ、カミソリは使う期間が長くなるほど、買い替え費用としてお金がかかります。

一般的に、使い捨てカミソリの刃の寿命は2週間程度と言われています。

例えば楽天市場で販売されているこちらの女性用カミソリ⇒ジレット ヴィーナス スワール ホルダー(替刃2コ付)(1セット)【ジレット ヴィーナス(Gillette Venus)】は、替刃2個入で¥1.234(税込み、記事作成の時点)となっています。

こちらのサイトの詳細では、毎日シェービングした場合、替刃の交換頻度は1~2週間となっています。

替刃4個入りが¥1.775(税込み、記事作成の時点)⇒ジレット ヴィーナス スワール 替刃(4コ入)【ジレット ヴィーナス(Gillette Venus)】【送料無料】ですので、2ヶ月に1度買い替えすると、1年間で¥1.775×6=¥10.650(税込み)となります。

もし、10年間続けていれば¥106.500(税込み)となります。

脱毛する部位や回数、脱毛方法など比較するにいろんな条件がありますが、カミソリは長く使用するほどお金がかかります。

ですので、脱毛を始めるなら年齢が若いほどお得ということになります。

◯脱毛サロンや医療クリニックに通う時間、施術の時間がかかる。

カミソリで毛の処理をするのは自宅で手軽にできますが、脱毛サロンや医療クリニックで施術してもらうためには、通うための時間や、施術の時間がかかります。

◯脱毛の予約が面倒。

脱毛サロンや医療クリニックで脱毛するためには、前もって予約をしなければなりません。

毛周期、空いている時間などを考えて予約する必要があるので、面倒だと思ってしまう人も多いのかもしれませんね。※毛周期に関係なく施術できる脱毛サロンもあります。

毛周期と関係ない脱毛ができる方法とは?痛みはあるの?

◯脱毛方法によっては痛みが強い。

カミソリで毛の処理をするときに痛みを感じることはありませんが、ニードル脱毛や医療レーザー脱毛などは痛みが強いです。

カミソリで毛の処理をするときのメリット

◯自宅で手軽に毛の処理ができる。

カミソリはコンビニ、ドラッグストア、スーパーなどで販売しているので手軽に購入できます。

また、毛を剃りたいと思ったら、自宅のお風呂などで手軽に毛の処理ができます。

◯他の人の声などが気にならない。

脱毛サロンや医療クリニックによっては、部屋がカーテンだけで仕切られている部屋で施術する店舗もあります。

そんな時には、他の人の声や物音が気になるという人もいるでしょう。

カミソリで毛の処理をするときには、ほとんどの場合自宅だと思いますので、他人の声が気になるということはありません。

◯毛の処理をするための費用が少なめ。

カミソリで毛の処理をするためにかかる費用は、カミソリの代金やクリームの代金くらいです。

ですので、あまりお金をかけなくても毛の処理ができます。

ただ、長期間カミソリで毛の処理をすると替刃などの費用が多くなり、脱毛サロンや医療クリニックで脱毛したほうが安い場合もあります。

◯予約や毛周期を気にしなくても良い。

カミソリでの剃毛は、サロンやクリニックに通う必要はありませんので、予約をする必要もありませんし、毛周期も気にせずに毛の処理ができます。

カミソリで毛の処理をするときのデメリット

◯埋没毛や切り傷をつくってしまう可能性がある。

カミソリで毛の処理をすると、肌の表面の皮膚を削ってしまったり、細かいキズをつくってしまいます。

その結果、埋没毛や切り傷をつくってしまうこともあるのです。

また、クリームなどを使用せずに毛の処理をしてしまうと、カミソリ負けという肌荒れの原因にもなります。

◯剃った後の肌の仕上がりがイマイチ。

カミソリで剃ると、まだ肌の中に毛が残っているので、どうしても見た目がよくありません。

また、触った時の手触りもチクチクしたりザラザラしたりとイマイチだと思います。

◯ず~っと剃り続ける必要がある。

カミソリで毛の処理をした後はムダ毛が目立たなくなりますが、しばらくするとまた毛が生えてくるので、毛を剃る必要があります。

ですので、ず~っと剃り続けなければならないのです。

◯剃りにくい部位がある。

カミソリを使って自分だけで毛の処理をするときには、背中やうなじを剃ることは難しいです。

鏡を使って剃ったとしても、切り傷をつくってしまったり、剃り残しをしてしまう可能性が高くなります。

まとめ

「毛の処理はどうすればいい?脱毛とカミソリを徹底比較してみた」という内容でご紹介しました。

それぞれメリット、デメリットがあります。

短い期間ならカミソリで毛の処理をしても良いと思いますが、長い期間、毛の処理をするなら肌のためや手間を考えると、脱毛も良いのではないでしょうか?