あなたは、他の女性の顔の毛が気になったことはありますか?

明るい太陽の光で顔の角度によっては、産毛が目立つこともあります。

女性なら口の周りの毛、口ひげ?が男性に見られるのは最悪ですよね!?

そこで、顔の毛が濃い女性のお手入れ方法!肌に優しいカミソリの使い方とは?という内容で紹介していきます。

顔の毛が濃い女性のお手入れ方法とは?

顔の毛が濃い女性のお手入れ方法には、「脱毛サロンで顔脱毛する」、「家庭用脱毛器を使う」、「カミソリで剃る」、「理容室で剃ってもらう」などがあります。

それぞれ、メリットやデメリットがあり、何が良いのかは人によって違います。

そこで、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

脱毛サロンで顔脱毛する

脱毛サロンで顔脱毛する3つのメリット

◯回数を重ねることでお手入れが楽になる。

脱毛サロンで顔脱毛をすると、回数を重ねることにより、毛が薄くなり、お手入れの回数が少なくなります。

そのまま続けていくと、ほとんどお手入れしなくても良い状態になっていきます。

そうなると、時間もできますし、カミソリで剃ることがなくなるので、肌にかかる負担も少なくなります。

顔の毛が濃い女性は、剃り残しがあると目立ちますし、剃るのを忘れてしまったら普通の人より目立つので、お手入れが楽になると良いのではないでしょうか?

◯埋没毛(埋もれ毛)を防ぐことができる。

カミソリで剃ると肌の表面に傷がつき、傷を治そうとして皮膚が厚くなり、毛が肌の表面に出てこられなくなってしまい、皮膚の中で成長する埋没毛の恐れがあります。

脱毛サロンでの脱毛は、肌の表面に傷がつかないため、埋没毛になることはありません。

◯肌の乾燥を防ぐことができる。

脱毛サロンや医療クリニックに通っているときには、光脱毛(フラッシュ脱毛)やレーザー脱毛の施術で、肌は乾燥します。

ですので、脱毛サロンや医療クリニックでは、施術後に保湿します。

でも、肌が乾燥するのは、脱毛の施術をしている時だけで、顔の毛が薄くなり、目立たなくなってくると、施術しなくても良い状態になります。

そうなれば、カミソリで剃ることもないので、肌の表面に傷もつかないですし、よけいな水分の蒸散もなく肌の乾燥を防ぐこともできます。

脱毛サロンで顔脱毛する3つのデメリット

◯脱毛の費用がかかる。

脱毛サロンによって顔脱毛の費用は違いますが、カミソリやシェービングクリームなどを購入するよりも、お金が必要になります。

◯脱毛サロンに通う必要がある。

脱毛サロンで顔脱毛の施術してもらうためには、通わなければなりません。

顔の毛が濃い女性は、施術の回数も普通の人より多くなりがち。

脱毛サロンに通う回数が多くなるので、ちょっと面倒だと感じる人もいるでしょう。

顔脱毛の回数は、脱毛サロンや個人差、通える回数などによって違いがありますが、半年~4年弱程度となっています。

◯ちょっとだけ赤みややけどの心配がある。

脱毛サロンでは、レーザー脱毛よりも弱い光で施術していくので、ほぼ「やけど」や「赤み」はありません。

ただ、マシンのパワーの調節が合っていない場合などにやけどや赤みができてしまうこともあります。

ただ、脱毛サロンの中にはクリニックと提携しているサロンもあるので、いざと言う時には対処してくれます。

家庭用脱毛器で顔脱毛をする

家庭用脱毛器で顔脱毛をする3つのメリット

◯自宅で空いた時間で顔脱毛できる。

家庭用脱毛器は、自宅で自分の空いた時間を使って脱毛できます。

顔脱毛にかかる時間も1分30秒程度なので、カミソリで剃るのとあまり変わらないくらいの時間でできます。

顔の毛が濃い女性でも、短時間で顔脱毛ができます。

◯脱毛サロンに通う必要がない。

家庭用脱毛器は、脱毛サロンに通う必要がないので、通う時間を節約できます。

◯脱毛サロンに通うよりも安い。

家庭用脱毛器は、1万5.000円程度から購入できるので、脱毛サロンに通って顔脱毛するよりも安いです。

安い家庭用脱毛器はこちらの記事で紹介しています。

脱毛が家でできる安い家庭用脱毛器ランキングベスト3はこちら

家庭用脱毛器で顔脱毛をする3つのデメリット

◯使い方の心配がある。

家庭用脱毛器で顔脱毛をするときには、自分で脱毛するので、脱毛のプロに比べると、技術的な部分で不安があります。

もちろん、人によっては上手に家庭用脱毛器を使いこなす人もいるでしょうが、中には苦手な人もいます。

◯自分で顔脱毛をするのが面倒。

人により、自分で顔脱毛するよりも、お金をかけてでもプロに任せたいという人もいます。

自分で顔脱毛するのが面倒な人は、脱毛サロンや医療クリニックでの施術がおすすめです。

◯家庭用脱毛器によっては使いにくいものがある。

家庭用脱毛器でも、光を照射する部分の面積が一定の商品があります。

広い面積を脱毛する場合と狭い面積を脱毛する場合は、光の照射面積が同じものより、照射部分を交換できるものが使いやすいです。

カミソリで顔の毛を剃る

カミソリで顔の毛を剃るときのメリット

◯肌表面に出ている毛をキレイに剃れる。

電気シェーバーと比べて、カミソリで顔の毛を剃るほうが、肌表面に出ている毛を全てキレイに剃ることができます。

特に、毛の濃い女性は毛が目立ちやすいのでキレイに剃っておきたいですね。

◯自宅で手軽にいつでも剃れる。

脱毛サロンなどにお出かけしなくても、自宅で手軽に毛を剃りたいと思った時にすぐ剃れるのがカミソリで剃ることのメリットの1つと言えるでしょう。

◯お金があまりかからない。

脱毛サロンや家庭用脱毛器と比べると、カミソリやシェービング剤などの費用で済むのでお金があまりかかりません。

ただし、長期間使うと、かえって脱毛サロンでの脱毛のほうが安くなることもあります。

カミソリで顔の毛を剃ることのデメリット

◯埋没毛(埋もれ毛)や肌荒れ、乾燥などの心配がある。

カミソリで顔の毛を剃ると、肌の表面も傷つけるので、埋没毛や肌荒れ、肌の乾燥につながります。

また、カミソリの刃が滑って切り傷をつくってしまう可能性もあります。

カミソリで顔の毛を剃った後には、しっかりと保湿しておきましょう。

◯カミソリを清潔にしておく必要がある。

カミソリは直接肌に触れるため、常に清潔にしておく必要があります。

切れ味の悪い刃で顔の毛を剃ると、必要以上に力を入れてしまうこともあり、肌を傷つけてしまう可能性があるからです。

お風呂に保管したり、湿気の多い場所でのカミソリの保管はサビの原因になります。

また、節約だからと言って、同じ刃を長期間使用するのは避けましょう。

◯長期間使うと脱毛サロンや家庭用脱毛器よりも高くつく。

カミソリとシェービング剤の価格は、脱毛サロンや家庭用脱毛器と比較すると安いです。

ただ、長期間使うとかえって高くつく場合があります。

理容室で顔の毛を剃ってもらう

理容室で顔の毛を剃ってもらうときのメリット

◯キレイに剃ってもらえる。

理容室で顔の毛を剃ってもらうのは、自分で剃るよりもキレイに剃ってもらえます。

技術的なこともありますし、使っているものがプロ用なので、安心して任せられます。

◯自分で剃らないのでラク。

自分で顔の毛を剃る時には、ケガをしないように注意して剃る必要があります。

また、目の周りは鏡を見ながらなので剃りにくいですし、ちょっと油断してしまうと大けがにつながることもあります。

◯美肌効果が期待できることも。

理容室で使っているプロ用のカミソリで剃ることにより、毛穴につまった角栓や黒ずみの表面を削ることができます。

すると、毛穴が開き、皮脂の分泌がスムーズになります。

ニキビの対策としてもおすすめ。

理容室で顔の毛を剃ってもらうときのデメリット

◯月に1回程度通う必要がある。

自宅で剃るときと比較すると、理容室での顔の毛の剃毛は、月に1回通う必要があります。

中には面倒だと思う女性もいるのではないでしょうか?

◯お金がかかる。

プロに顔の毛を剃ってもらうのだから、当然、お金がかかります。

安いと思うか、高いと思うかは個人差があるので、なんとも言えませんが、カミソリで剃るよりもお金はかかります。

◯何度剃っても毛の濃さやお手入れの回数は同じ。

理容室で顔の毛を剃るときはカミソリで剃るので、一時的にキレイになりますが、また新しい毛が生えてきます。

脱毛サロンや医療クリニックでの脱毛は、回数を重ねることで毛が薄くなったり、お手入れの回数が少なくなっていきます。

肌に優しいカミソリの使い方とは?

肌に優しいカミソリの使い方は、保湿、剃る方向に注意することです。

もちろん、カミソリの刃が清潔で、切れ味が良いものを使うことも、肌を傷つけないためや剃りやすさにも大きく関係します。

そこで、家庭でカミソリを使って顔の毛を剃るときの順序と、肌に優しいカミソリの使い方についてもう少し詳しく紹介していきましょう。

カミソリで顔の毛を剃る順序

1、肌を柔らかくしておく。

カミソリで顔の毛を剃る前には、蒸しタオルやスチーマーなどで肌を柔らかくしておきましょう。

肌が乾燥したままだと、肌を傷つける可能性があります。

スチーマーや蒸しタオルの用意が面倒な女性は、お風呂から出たあとすぐに顔の毛を剃ると良いです。

2、洗顔して顔の汚れを落とす。

カミソリで顔の毛を剃る前には、洗顔して顔の汚れを落としておきましょう。

3、顔にシェービング剤を塗る。

顔の汚れが落とせたら、顔にシェービング剤(クリーム、ジェルなど)を塗りましょう。

この時、毛の流れの逆方向へとクリームやジェルを塗ることにより、寝ている毛を逆立てて剃りやすい状態にできます。

4、顔の毛を剃る。

顔の毛を剃る時には、基本的に頭方向から顎の方向へと剃ります。

カミソリを動かす方向と逆に肌を引っ張る「張り手」により、肌表面の毛の根元からキレイに剃ることができます。

肌に優しいカミソリの使い方はこのあと、紹介します。

5、保湿する。

顔の毛を剃った後には、化粧水やクリームなどを使って、しっかりと保湿しておきましょう。

肌に優しいカミソリの使い方

◯おでこの剃り方

毛の流れに剃って剃ることで、肌に優しいカミソリの使い方ができます。

1、髪の生え際から約1cm残し、ひたいの輪郭を剃る。

髪の生え際から剃ってしまうと、不自然になってしまいます。

2、ひたいの上の方から眉に向かって剃る。

この時に、眉の上も約1cm残して剃ることで、眉毛を剃ってしまうことを防げます。

3、眉の下を外側から内側へと剃る。

 

 

 

 

 

◯こめかみと頬の剃り方

1、こめかみは、毛の生え際を約1cm残して上側から下方向へ向かって剃る。

2、頬骨のあたりは、顔の内側から外側へと剃る。

3、その後、頬の上側から下方向へと剃る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◯鼻、口、顎の剃り方

1、鼻は上側から下方向へ向かって剃る。

2、口角の周りは、外側から内側へと剃る。

3、顎も上側から下方向へ向かって剃る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◯フェイスラインの剃り方

1、フェイスラインも上側から下方向へと剃る。

2、顎の裏側は、喉元から顎の先の方向へ向かって剃る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

「顔の毛が濃い女性のお手入れ方法!肌に優しいカミソリの使い方とは?」という内容で紹介しました。

顔の毛が濃い女性のお手入れ方法には、脱毛サロンで顔脱毛する、家庭用脱毛器を使う、カミソリで剃る、理容室で剃ってもらうなどがありました。

顔の毛の剃り方も上側から下方向へ剃るのが肌に優しい剃り方だということもお伝えしました。

顔に毛が生えていると、化粧のノリもよくありませんし、毛の色のせいで肌のトーンが暗くなってしまいます。

顔は人に見られる部分なので、お手入れはきちんとしておきたいですね。