顔の産毛は結構目立ちます。

隠すこともない部位ですし、会話するときなどはどうしても視線が集中します。

特に口の周りは男性からの視線も気になるところ。

そこで、顔脱毛をする人もいるのですが、顔脱毛をした後に毛穴はなくなるのでしょうか?

その答えと、脱毛後の毛穴についてご紹介!

顔脱毛をする前に見ておいてはいかがでしょうか?

顔脱毛で毛穴はなくなる?

「顔脱毛で毛穴はなくなるの?」ということで、まず、答えからですが、顔脱毛をしても毛穴はなくなりませんし、塞がることもありません。

もちろん、顔だけではなく、身体の他の部位も同じように毛穴はなくなりません。

では、毛穴はどうなるのでしょう?

毛穴はなくならないのですが、目立ちにくくなります。

そこで、顔脱毛をした後に毛穴が目立ちにくくなる理由について紹介していきましょう。

顔脱毛をした後に毛穴が目立ちにくくなる理由1・・・毛穴に皮脂や汚れが溜まりにくくなる

脱毛サロンや医療クリニックで顔脱毛をすると、回数を重ねることで毛のサイズが細くなったり、毛が生えにくくなってきます。

すると、毛穴が小さくなり、皮脂や汚れが溜まりにくくなり、目立たなくなっていきます。

もし、毛穴が広がっていたとすると、ホコリなどの汚れや化粧品などが溜まりやすくなり毛穴が目立ちやすくなります。

また、ニキビなどもできにくくなっていくのも、顔脱毛のメリットと言えるでしょう。

顔脱毛をした後に毛穴が目立ちにくくなる理由2・・・脱毛サロンや医療クリニックのジェルの効果

ほとんどの脱毛サロンや医療クリニックでは、脱毛をした後に、肌に美容成分、潤い成分の配合されたジェルを塗ります。

このジェルの効果によって、肌の潤いがアップ!

肌のキメが整い、ハリ、弾力のある肌へと導いてくれるのです。

顔脱毛をする前には、肌のたるみが目立っていたという人が、顔脱毛をしたら毛穴が目立たなくなったという体験談もあります。

また、医療レーザー脱毛では、レーザーによって新陳代謝アップや細胞の活性化などの効果が期待できます。

顔脱毛をした後に毛穴が目立ちにくくなる理由3・・・カミソリなどでの自己処理が不要になる

顔脱毛をした後には、毛が生えてこなくなったり、生える回数が少なくなっていきます。

その結果、カミソリや電気シェーバーでのお手入れが不要になっていきます。

 

電気シェーバーは、故障や間違った使い方をしなければ、肌を傷つけることはありませんが、カミソリは確実に肌を傷つけてしまいます。

カミソリの刃が直接、肌に当たるので、肌の表面を傷つけてしまったり、削ってしまうからです。

 

また、ムダ毛と一緒に肌の潤い成分も取り去ってしまうので、肌が乾燥しやすくなったり、毛穴の炎症を引き起こしてしまうこともあります。

その結果、肌のキメが乱れてしまったり、肌を守ろうと必要以上に皮脂が分泌されてしまい、毛穴に詰まってしまうこともあるのです。

カミソリの関連記事はこちらカミソリ

顔脱毛した後の毛穴から汗や皮脂は出る?

顔脱毛しても毛穴はなくならず、皮脂腺や汗腺などもそのまま残っているので、汗もかきますし、皮脂も出ます。

顔脱毛した後の体験談では、汗をかきやすくなったと感じる人もいるようです。

実際はどうなのかと言いますと、顔脱毛する前とした後で、汗の量や皮脂の量に違いはありません。

では、なぜそう感じてしまうのか紹介していきましょう。

産毛がないので汗を吸収、蒸発できない

産毛には、汗を吸収して蒸発させる働きがあります。

顔脱毛をして、産毛が生えてこなくなると、今まで産毛に吸収されていた汗が皮膚の表面に残ってしまうため、汗を感じやすくなります。

汗の量は同じでも、より汗を多くかいたと感じる理由の1つが、産毛がなくなったので、直接、汗を感じやすいということになります。

産毛がないので汗を止めておけない

産毛がないと、顔の汗が流れやすくなります。

汗が流れやすくなると、汗が肌表面を移動するので、より汗を感じやすくなります。

まとめ

「顔脱毛で毛穴はなくなるの?汗や皮脂は出るの?」という内容でご紹介しました。

顔脱毛で毛穴はなくなりませんし、汗や皮脂も今までと同じように出ます。

顔脱毛のメリットは、産毛のお手入れの回数が少なくなる、または不要になること、化粧のノリが良くなること、顔がワントーン明るく見えること、ニキビができにくくなること、美容ジェルの効果で肌の潤いがアップすることなどがありますが、汗を感じやすいというデメリットもあります。

ただ、カミソリで剃り続けるよりも、肌へのダメージは少ないので、脱毛を始めるなら早いほうが良いでしょう。