脱毛で心配な事の中に肌トラブルがあります。

脱毛サロンやクリニックで同じ施術をしても、人によって肌トラブルが起こったり起こらなかったりします。

特に、顔の肌トラブルは目立つので困ってしまいます。

もし、顔脱毛で肌トラブルが起こったらどうしましょう。

そこで、顔脱毛の肌トラブルで赤み、かゆみ、やけどのお手入れ方法をご紹介します。

顔脱毛の肌トラブルで赤みのお手入れ方法

顔脱毛を受けると、皮膚に赤みが発生することがありますが、この肌トラブルは医療レーザーや光脱毛器の出力が高すぎたことが原因です。

敏感肌の人は特に赤くなりやすいので、注意するようにしてください。

クリニックで使用している医療レーザーは照射の威力が強いため、3日前後は肌が赤くなることが珍しくありません。

エステや脱毛サロンで使用している光脱毛器は、そこまでの威力はないため、赤くなったとしても、翌日までには治まる場合がほとんどです。

 

どこで施術を受けたとしても、脱毛後の肌は赤くなりやすいので、対処したいときはローションや美容液でしっかりお手入れをするようにしてください。

お肌が乾燥すると、かゆくなったり、赤くなりやすいですが、ローションや美容液できちんと保湿を行えば予防することが出来ます。

 

脱毛後は紫外線の影響も受けやすいので、夏の暑い日に外出するときは必ず日焼け止めを塗るようにしてください。

帽子をかぶり、サングラスやマスクもつけるようにすれば、紫外線の影響を最低限に抑えられます。

日焼け止めを塗ったのに、赤くなってしまった場合は、帰宅後に冷却材や冷たいタオルを肌にあてて、熱を冷ますようにしましょう。

熱が冷めれば、赤みが目立たなくなります。

顔脱毛の肌トラブルでかゆみのお手入れ方法

医療レーザーや光脱毛器などで顔脱毛を行った後に、かゆみに悩まされることがあります。

かゆいからといってぼりぼりかくと、余計に悪化してしまうので、むやみに触れないようにしましょう。

脱毛後の肌は乾燥しやすいので、保湿などのお手入れを怠らないことが大切です。

 

保湿用のローションや美容液を塗ってくれるエステサロンは多いですが、帰宅後も自分でしっかり保湿することを忘れないようにしましょう。

また、風呂上りなどは特に乾燥しやすいので、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分を配合したローションなどの化粧品を塗って、ケアするようにしてください。

 

かゆみなどの肌トラブルが起こった場合は、冷却材や冷たく濡らしたタオルを当てて、冷やすようにしましょう。

肌を冷やせば少しずつ治まっていくので、かゆくなくなったら冷却材やタオルを外して、ローションや美容液を塗って、保湿するようにしましょう。

お肌の乾燥を予防し、うるおいをキープ出来れば、かゆみに悩まされることはなくなります。

 

掻き毟りたくなっても我慢するようにし、冷やしても治まらなかったり、ブツブツが出来てしまったときは、脱毛したサロンやクリニックに相談するようにしてください。

適切な対処法を教えてくれるので、それに従うようにしましょう。

顔脱毛の肌トラブルでやけどのお手入れ方法

医療レーザーや光脱毛器の出力が高すぎると、肌がそれに耐え切れなくなって、やけどを起こすことがあります。

水ぶくれが出来たり、真っ赤に腫れたり、茶色の跡が点々と出来るなど、顔脱毛の肌トラブルでやけどを起こす人は多いので、色素が沈着する前に対処しなければなりません。

放置していると色素沈着を起こして、シミのようなあとが残ってしまうので、水ぶくれなどに気付いたら、とりあえずは冷やすようにしましょう。

 

流水で冷やすのがおすすめですが、顔に水道水を当て続けるのが難しい場合は、洗面器に水を張って、仲に顔を入れるようにしてください。

流水で冷やすときは、患部に直接水を流すのではなく、水ぶくれなどの周囲に水を当てるようにお手入れした方が良いでしょう。

 

大体15~30分ほど水に触れていれば、状態が落ち着き、顔のほてりやヒリヒリが治まります。

ぶり返す恐れもあるので、冷却した後はしばらく様子を見るようにしましょう。

 

時間が経過しても腫れが治まらなかったり、痛みが続く場合は、脱毛を受けたエステサロンやクリニックに連絡するようにしましょう。

ドクターサポートサービスのあるサロンなら、医療機関を紹介してくれますし、クリニックならすぐに治療してくれるので、早めに対処すれば、やけどのあとが残ることはありません。

まとめ

「顔脱毛の肌トラブルでかゆみ、赤み、やけどのお手入れ方法」についてご紹介しました。

かゆみも赤みも肌を冷やしたり、美容液などを使ってしっかりと保湿するのが大切です。

化粧水を使う時には、アルコールを使用していない物を選ぶようにしましょう。

やけどは患部を冷やすことが大切。

かゆみ、赤み、やけどのどれも、なかなか治らない場合には、脱毛サロン、クリニックなどに相談しましょう。