口の周りやおでこの産毛が気になるという女性もいらっしゃるのではないでしょうか?

顔に産毛があると化粧のノリも良くありませんし、顔がワントーン暗く見えてしまうこともあります。

顔は見られやすい部位なので、しっかりとお手入れしておきたいものです。

そこで、顔の産毛が気になるあなたにおすすめの脱毛法ということでご紹介していきます。

家庭用脱毛器のケノンについても合わせてご紹介していきましょう。

顔の脱毛で産毛におすすめな脱毛法とは?

顔の産毛の脱毛でおすすめの脱毛法は、光脱毛(フラッシュ脱毛)です。

では、なぜ脱毛エステサロンなどで施術している光脱毛がおすすめなのか、その理由についてご紹介していきましょう。

顔は身体の中で1番目立つ部位なので、しっかりとケアしておかないと相手に与えるイメージも大きく変わってしまいます。

化粧のノリにも関係しますので、大切ですね。

光脱毛が顔の産毛の脱毛法としておすすめな理由

光脱毛が顔の産毛の脱毛法としておすすめな理由は、やけどの可能性が低い、痛みが少ないことです。

光脱毛はやけどや赤みになる可能性が低い

顔は身体の中で、最もやけどや赤みにしたくない部位ですよね。

顔はやけどをすると目立ちますし、お手入れもしっかりとしておく必要があります。

ですので、やけどや赤みになる可能性がほとんどない光脱毛で顔の産毛を脱毛するのをおすすめします。

光脱毛で使っているマシンは、レーザー脱毛で使っているマシンよりも出力が弱く、やけどの可能性もほとんどありませんし、赤みになる可能性も低いです。

光脱毛は痛みが少ない

光脱毛にもSHR脱毛、SSC脱毛、IPL脱毛がありますが、どの脱毛方法もレーザー脱毛や針脱毛(ニードル脱毛)よりも、痛みは少ないです。

顔は皮膚が薄く、痛みを感じやすい部位なので、出力の強いマシンを使って施術するレーザー脱毛は特に強い痛みを感じます。

また、針脱毛(ニードル脱毛)も、毛穴1本1本に絶縁針を刺し、弱い電流を流すので痛みが強いです。

痛みが強いので、レーザー脱毛も針脱毛も麻酔を使用する事があります。

光脱毛の中では、SHR脱毛が痛みが1番弱く、施術部位が「ちょっと温かいかな」と感じる程度です。

SHR脱毛、SSC脱毛、IPL脱毛の詳細はこちらの記事へ

光脱毛の種類SHR、SSC、IPL脱毛の3つのメリット&デメリット

顔の産毛の脱毛ということで、パワーの強いレーザーよりもパワーの弱い光脱毛のほうが安心です

顔の脱毛で産毛を脱毛するには他にどの方法があるの?

顔の脱毛で産毛を脱毛するには、光脱毛、レーザー脱毛、針脱毛の他に、家庭用脱毛器のケノンを使った脱毛方法があります。※カミソリでの剃毛、ブラジリアンワックスでの脱毛は、肌に負担が大きいのでおすすめできません。

では、脱毛サロン、医療クリニックなどに通わずに自宅などで、自分で脱毛ができるケノンについてメリットやデメリットについてご紹介していきましょう。

家庭用脱毛器ケノンとは?

女性ユーザー300×250

↓ ↓ ↓ケノンの詳細&安くお得に購入するなら公式サイトへ↓ ↓ ↓

>>>脱毛と美顔が両方できる!読モ絶賛☆「ケノン」<<<

ケノンという名前を、あなたも1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

ケノンとは、日本人の肌に合わせて日本で作られている「光脱毛ができる家庭用の脱毛器」です。

脱毛サロンや医療クリニックに通うのは、プロに脱毛の施術をしてもらえるので、安心、自分で脱毛する手間が省けると言った良い点はありますが、予約が面倒だったり、脱毛の料金が高かったりということもあります。

そこで、「自分で脱毛したい時に手軽に脱毛したい」、「脱毛の料金を安くおさえたい」という方にケノンは最適です。

ケノンは、国内ユーザー数が50万人以上、使った方の満足度が約98.3%、レビュー数も98.153件という大人気の脱毛器。

ケノンは、おでこ、眉間、眉毛、鼻毛、鼻下、あご、もみあげ、ほほなどの顔の部位が脱毛できます。※目の周りは脱毛できません。

顔の産毛も脱毛できますが、もし、ほくろがあるのなら、隠してからケノンを使用するようにしましょう。

では、ケノンのメリットとデメリットをご紹介していきましょう。

脱毛器ケノンのメリット

◯コスパが安い。

光脱毛で全身脱毛をすると、ムダ毛が気にならない程度になるまでには、10万円以上の費用がかかります。

ケノンは、カートリッジ3個付き(プレミアム、ストロング、エクストラ)で7万円程度。※記事作成の時点

全身脱毛を1年間行ったとしても、使用するカートリッジは1個。

カートリッジの交換費用も1万円以内(キャンペーンなどで安い場合あり)なので、サロンやクリックで脱毛するよりも安い料金で脱毛できます。

◯脱毛のスピードが速い。

ケノンは片脇約10秒という短時間で脱毛ができます。

◯家族や友人と使える。

サロンやクリックでは、1人1人それぞれ脱毛に料金がかかりますが、ケノンは家族や友人と一緒に使えるので、脱毛にかかる料金を安くすることができます。

また、ムダ毛が気になる時にいつでも使えるのも便利ですね。

脱毛器ケノンのデメリット

◯目の周り、IOラインは脱毛できない。

目の周りは脱毛できない、IOラインは自己責任ということです。

また、1人暮らしの方は背中やうなじの脱毛は難しいです。

◯カートリッジの交換が面倒。

カートリッジは1年間程度使用できますが、毛周期の関係もあり、1年間では納得できるまでに脱毛できないこともあります。

そこで、カートリッジ交換が1回は必要になりますが、注文が面倒だという方もいらっしゃるようです。

まだまだ、ケノンのメリットやデメリットはあります。

ケノンの詳細や購入は公式サイトでチェックしてみましょう。

↓ ↓ ↓ケノンの詳細&安くお得に購入するなら公式サイトへ↓ ↓ ↓

>>>脱毛と美顔が両方できる!読モ絶賛☆「ケノン」<<<

 

まとめ

「顔の脱毛で産毛が気になるあなたにおすすめの脱毛法はこちら」という内容でご紹介しました。

顔の産毛を脱毛するには、光脱毛(フラッシュ脱毛)がおすすめということでした。

また、ケノンを使って自宅などで顔の産毛を脱毛するのも良いと思います。

カートリッジ交換で、美顔器として使用できるのもケノンの良い点ですね。