脱毛サロンの施術は、医療クリニックの医療レーザー脱毛よりも痛みは少ないので、我慢できない人はほとんどいないでしょう。

ですが、ワキやVIOなど痛みが強い部位もあるので、心配という人もいます。

そこで、脱毛方法でどの方法が痛みが少ないのかご紹介!

SHR脱毛、SSC脱毛、IPL脱毛のどこが違うのか、痛みの少ない順なども紹介していきます。

痛みの少ない脱毛方法とは?

痛みの少ない脱毛方法には、SHR方式の脱毛、SSC方式の脱毛、IPL方式の脱毛があります。

3種類ともフラッシュ式の脱毛方式なので、医師免許はなくても施術できる脱毛方法です。

多くの脱毛サロンでは、このような医師免許が不要の脱毛施術を行っています。

SHR方式、SSC方式、IPL方式の脱毛でも、痛みに違いがあります。

痛みの少ない順に並べていきますと、SHR方式、SSC方式、IPL方式の順になります。

IPLとSSCとSHRの違いとは

IPL脱毛、SSC脱毛は、毛周期の成長期の毛のメラニンを利用して、毛根にある毛乳頭へダメージを与え、ムダ毛が生えにくくしていく脱毛方法です。

SHR脱毛は、毛の生えている毛穴の周りにある毛包へとダメージを与えていきます。

IPL脱毛、SSC脱毛とSHR脱毛の大きな違いは、ダメージを与える部位が違うことなのです。

もう少し詳しく、SHR方式、SSC方式、IPL方式の脱毛について紹介していきましょう。

痛みの少ない脱毛方法・・・IPL方式の脱毛とは?

IPL脱毛のIPLとは、Intense Pulsed Light(インテンス・パルス・ライト)の略。

IPL方式の脱毛は、キセノンランプと言うランプを使用して、肌に光を照射し、毛の黒いメラニン色素に反応させ、毛乳頭に熱のダメージを与えることにより、毛が再生する力を弱めていきます。

ですので、脱毛前に電気シェーバーなどで剃った後に、脱毛サロンで施術していきます。

毛を伸ばしたままの施術、毛の生えていない部位の施術はできません。

IPL脱毛を詳しく知りたい方はこちらの記事へIPL脱毛のしくみとは?メリットとデメリットはこちら

IPL脱毛ができる脱毛サロンはこちらIPL脱毛ができるキレイモと銀座カラーの脱毛部位と料金

IPL方式で施術をする脱毛サロンは、「銀座カラー」、「キレイモ」などです。

銀座カラーとキレイモの脱毛には違いがあり、銀座カラーはジェルを塗ってから脱毛しますが、キレイモはジェルを塗らずに脱毛します。

銀座カラーの場合、ジェルで光のダメージを軽減しながら脱毛していきます。※ジェルに抑毛効果のある成分は含まれていません。

キレイモの場合には、脱毛器の肌に当てる部分が-4℃に冷却されていて、光を当てても熱さを感じにくく、痛みも感じにくくなっています。

どちらの脱毛サロンも、光を当てた後には、保湿ローションを塗って肌の乾燥を防ぎます。

医療レーザー脱毛に比べると、IPL方式の脱毛は痛みの少ない脱毛方法と言えます。

痛みの少ない脱毛方法・・・SSC方式の脱毛とは?

SSC方式のSSCとは、Smooth Skin Control(スムース・スキン・コントロール)の略。

SSC方式の脱毛は、脱毛する前に抑毛効果のある成分が含まれているジェルを塗り、そこに光を照射して脱毛していきます。

IPL方式の脱毛は、光だけで脱毛していきますが、SSC脱毛は、光とジェルの作用によって脱毛していきます。

IPL方式の脱毛よりも、痛みの少ない脱毛方法と言えるでしょう。

SSC脱毛も、毛のメラニン色素を利用して脱毛していきますので、毛周期を考えて脱毛する必要があります。

SSC脱毛を詳しく知りたい方はこちらの記事へSSC脱毛のしくみとは?メリットとデメリットはこちら

 

SSC方式で施術をする脱毛サロンは、「ミュゼプラチナム」、「脱毛ラボ」などです。

脱毛方法は同じなのですが、脱毛できる部位や、料金などに違いがあります。

SSC脱毛ができる脱毛サロンはこちらSSC脱毛ができるミュゼプラチナムと脱毛ラボの脱毛部位と料金

痛みの少ない脱毛方法・・・SHR方式の脱毛とは?

SHR方式のSHRとは、Super  Hair Removable(スーパー・ヘアー・リムーバブル)の略。

IPL脱毛、SSC脱毛よりも痛みが少ない脱毛方法です。

というより、痛みを感じずに温かみを感じる程度と言ったほうが正しいです。

SHR方式の脱毛は、毛のメラニン色素を利用せずに、毛の周り、毛穴にある毛包のバルジ領域という部位に熱を加え、ダメージを与えていく脱毛方法になります。

下の画像の毛の右横にある濃いピンク色の部分が、バルジ領域と呼ばれている部分です。※バルジ領域の上の薄いピンク色は皮脂腺です。

 

 

 

 

 

IPL脱毛、SSC脱毛とSHR脱毛の大きな違いは、毛周期に関係なく脱毛できることです。

毛乳頭にダメージを与えるわけではなく、肌の表面に近い毛包に弱い光を連続で照射していくので、痛みを感じず、温かみを感じる程度の低めの温度で施術していきます。

SHR脱毛は、毛の黒色メラニン、日焼け、ほくろなどに反応しないですし、白髪や産毛も脱毛することができます。

SHR脱毛は、痛みの少ない脱毛方法ですので、痛くない脱毛をしたい方、産毛も脱毛したい方、日焼けしているけど脱毛したい方などに適しています。

SHR脱毛を詳しく知りたい方はこちらの記事へSHR脱毛のしくみとは?痛みが気になるあなたは見て!

SHR脱毛ができる脱毛サロンはこちらSHR脱毛のストラッシュ、ラココ、アイセルの脱毛部位と料金

まとめ

「痛みの少ない脱毛方法とは?SHR、SSC、IPLのどこが違うの?」という内容でご紹介しました。

痛みの少ない順は、SHR脱毛、SSC脱毛、IPL脱毛で、SHR脱毛だけが毛周期、日焼けなどを気にせずに脱毛できるという事でした。

もちろん、人それぞれ痛みの感じ方に違いがありますし、毛量、毛の濃さも違います。

また、脱毛に通える期間や回数なども個人差がありますので、詳細は各脱毛サロンで相談してみましょう。