脱毛した後は、ムダ毛は生えてこなくなるのでしょうか?

レーザー脱毛、ニードル脱毛、光脱毛による違いはあるのでしょうか?

永久脱毛とはどのような時にそう呼べるのでしょう?

そこで、「光脱毛は永久脱毛と呼べるの?脱毛の効果はいつから感じられる?」という内容でご紹介していきます。

光脱毛は永久脱毛と呼べるの?

「光脱毛は永久脱毛とは呼べるのか?」ということですが、光脱毛は永久脱毛とは呼べません。

なぜ永久脱毛と呼べないのでしょうか?

そこで、永久脱毛と呼べる脱毛の条件と、永久脱毛と呼べる脱毛方法についてご紹介します。

脱毛を始める前にチェックしておきませんか?

永久脱毛と呼べる脱毛の条件

永久脱毛と呼べる脱毛の条件は、「ある決まった脱毛方法で施術した後、再び発毛する本数が長い期間減少、その状態を長期間維持できること」となっています。※日本に永久脱毛の定義はなく、FDA(アメリカ食品医薬品局)によります。

日本では、永久脱毛の施術は医療行為にあたり、医療機関のみ、医師の資格を持っている人だけが行うことができます。

従って脱毛サロンで施術している光脱毛は医療行為ではないですし、永久脱毛とは言えないのです。

※よく、勘違いしやすいのですが、永久脱毛は脱毛した後に、将来ずっと毛が生えて来なくなるというわけではありません。

永久脱毛と呼べる脱毛方法

永久脱毛と呼べる脱毛方法は、「医療レーザー脱毛」と「ニードル脱毛・針脱毛」の2種類です。

・医療レーザー脱毛について

医療レーザー脱毛とは、レーザーを利用して毛根細胞を破壊することで、長期間にわたって毛が生えて来なくなるようにする脱毛方法です。

医療レーザー脱毛は医療行為になるため、医療クリニックで医師が脱毛の施術を行います。

レーザーの照射パワーが強いため、光脱毛より痛みや肌への負担も大きく、赤みややけどの可能性もありますが、いざという時には、医師が診断、治療します。

その時にかかる治療費や薬の費用は無料となっています。※詳細は各医療クリニックに問い合わせください。

・ニードル脱毛(針脱毛)について

ニードル脱毛とは、毛穴の1つ1つに絶縁体でコーティングされた針(絶縁針)を刺し、弱い電流を流して毛根に熱のダメージを与えることで、毛が生えてこないようにする脱毛方法です。

光脱毛の効果はいつから感じられる?

光脱毛の効果を感じられるのは、自己処理が楽になるのが4~6回の施術の後、ムダ毛のお手入れの心配がなくなるのが8~12回の施術の後です。※ただし、部位による違いや個人差はあります。

永久脱毛と呼ばれるレーザー脱毛やニードル脱毛よりも、光脱毛は照射パワーの弱いマシンで施術します。

ですので、レーザー脱毛やニードル脱毛の2~3倍くらい効果を感じるまでに時間がかかります。

 

では、初めて脱毛の施術を受けたあと、毛は何日くらいで抜け始めるのでしょう?

光脱毛をした人で、初めて脱毛の施術を受けた後に「毛が抜け始めるまでは1~3週間くらい」という人が多いようです。

光を当てた部位の毛は、施術の後に放置しておけば自然にポロポロと抜け落ちてきます。

その他に、脱毛の施術をした後、すぐに抜け落ちる毛もあります。

ポップアップと言い、光を照射するとすぐに毛が飛び出します。

冷却ジェルなどと一緒に拭き取られることもあり、ちょっとわかりにくいかもしれませんね。

まとめ

「光脱毛は永久脱毛と呼べるの?脱毛の効果はいつから感じられる?」という内容でご紹介しました。

永久脱毛と呼べるのは、レーザー脱毛、ニードル脱毛のみで、脱毛の効果で自己処理が楽になるのが、4~6回施術をした後、お手入れの心配がなくなるのが8~12回施術した後ということでした。

予約の取れやすさや通える日時などを考えると、全身脱毛では1~3年くらいかかるようです。