脱毛を始める時期は、四季との関係もあります。

もちろん、すべての脱毛方法が当てはまるわけではありませんが、脱毛方式により紫外線や乾燥などを考えて脱毛する必要があります。

そこで、この記事では、春に脱毛を始めるメリットとデメリットをご紹介!

また、季節でおすすめなのはいつなのかという事もお伝えします。

春に脱毛を始めるメリットとデメリット!

季節ごとに脱毛を始めるときのメリットとデメリットは違います。

そこで、春に脱毛を始めるときのメリットからご紹介します。

春に脱毛を始めるメリット

春に脱毛するメリットは、夏に脱毛を始めるよりも日焼け対策に気を使わなくても済むことや、冬のように乾燥や寒さ対策が不要、夏よりも混雑の可能性が低いことなどです。

 

夏よりも日焼け対策が簡単

春は夏よりも紫外線が弱く、日焼け対策が簡単です。

5月頃は紫外線も強くなってきますが、3月頃はまだ紫外線もそれほど強くはないので、夏よりも気を使わずに済みます。

なぜ日焼け対策が必要?

多くの脱毛サロンや医療クリニックで行っている脱毛方法の、IPL脱毛やSSC脱毛、レーザー脱毛では、日焼けをしていると脱毛できません。※ただし、日焼けの状態にもよります。

その理由ですが、肌の色が黒色に近いと、光やレーザーが肌の色に反応して熱を蓄えて皮膚の温度が上昇してしまい、やけどや赤みなどの原因になってしまうからです。

 

夏に脱毛を始める人は多いのですが、夏は紫外線が強いため、紫外線対策をしっかりとしておかなければ、脱毛施術をするときにやけどや赤みなどを引き起こしてしまう事もあるので注意が必要です。

春の脱毛は夏よりも予約が取りやすい

お店にもよりますが、多くの脱毛サロンや医療クリニックでは、夏が四季の中で1番混雑するようです。

夏は水着やノースリーブなど肌を露出することが多くなるので、気になる人も増えてきます。

冬よりも乾燥や寒さ対策が不要

春は冬と比較すると気温が高いので、それほど寒さや乾燥を気にすることもありません。

 

冬は地域によっても寒さや乾燥に違いがありますが、春よりも対策が必要です。

脱毛サロンや医療クリニックでは、冷たいジェルを塗ってから脱毛の施術をするお店もあります。

冬に全身に冷たいジェルを塗られてしまうと、寒くて我慢できないという女性もいます。

 

また、肌が乾燥していると痛みも強く感じてしまいますので、痛みに耐えられなくなり、弱い出力で施術しなければならないということも考えられます。

マシンの出力が弱いということは、脱毛の終了までに期間が長くなってしまうこともあります。

春に脱毛を始めるデメリット

春は冬や夏と比較してデメリットと言えることが少ないのですが、あえてデメリットとするなら、夏までの脱毛期間が短いことがあげられます。

夏までの脱毛期間が短い

春から脱毛を始めたとすると、夏までの期間は短めです。

「薄着になる夏までにムダ毛が目立たなくなればいいな~」とか「夏頃までにはムダ毛のお手入れが簡単になればいいな~」という人は、秋から冬に脱毛を始めることをおすすめします。

季節でおすすめなのはいつ?

脱毛を開始する季節でおすすめなのは秋です。

秋は夏よりも混雑も少なめですし、紫外線も弱くなっています。

また、冬よりも寒さ対策や乾燥対策などの心配も少ないです。

さらに、夏までの期間も春や冬と比較すると長いので、定期的に通っていれば、夏頃にはお手入れも簡単になっています。

 

秋は夏よりもお客さんが少なくなり、期間限定のキャンペーンなども期待できます。

せっかく脱毛するなら少しでも安くお得に脱毛したいですよね。

ですので、脱毛を開始するなら秋がおすすめです。

まとめ

「春に脱毛を始めるメリットとデメリット!季節でおすすめなのはいつ?」という内容でご紹介しました。

夏の脱毛は日焼け対策や混雑などがデメリット、冬は寒さや乾燥対策が大変、などを考えると春に脱毛を開始するのはメリットと言えるでしょう。

ただし、秋に脱毛を開始するよりも、夏までの期間が短いため、デメリットと言えるのかもしれません。

最後に、脱毛を始める1番のおすすめの時期は、あなたが脱毛をしたいと思った時です。