女性のムダ毛処理は、1年中寒さや暑さに関係なく、美肌、見栄えの良さのためにもやっておきたいもの。

家庭でできて、低コストであいた時間に手軽にムダ毛処理ができるカミソリは便利です。

ただ、冬にお風呂でカミソリを使ってムダ毛処理をする時には、乾燥や寒さ、キズなどに注意が必要です。

では、その理由やお手入れのコツなどをご紹介しましょう。

冬にお風呂でカミソリを使ったムダ毛処理は乾燥に注意

冬は空気が乾燥しているので、お肌がかさつきやすく、肌荒れに悩まされる人が少なくありません。

そんなときにムダ毛処理のために、お風呂でカミソリを使って剃ろうとすると、皮膚がガサガサになったり、炎症を起こす可能性があるので注意しましょう。

 

カミソリはムダ毛を剃ると同時に、皮膚の表面の薄皮、角質層も削ってしまうので、肌のバリア機能が低下してしまいます。

 

肌表面の角質層は0.02mmというとても薄い皮です。

そこに潤いを蓄えておくことで、乾燥や紫外線、ハウスダスト、排気ガスなどの外部からの刺激から肌を守ってくれるバリアの役割を果たします。

そのバリア機能が低下すると、外部からの刺激を受けやすくなるので、炎症やかゆみなどの肌トラブルが起こりやすくなるので注意が必要です。

 

それを防ぎたいなら、お風呂でカミソリを使ったムダ毛処理の後には、ローションやクリームをたっぷり塗って保湿し、潤いを与えるようにしてください。

ヒアルロン酸やプラセンタなどの保湿成分をたっぷり配合した、ローションやクリームを肌に塗れば、しっとりとした状態を保てます。

肌のバリア機能が高まり、乾燥などに刺激に強くなるので、すこやかな肌の状態を保てるでしょう。

 

ムダ毛処理の後は、一度肌を保湿すればそれで良いと思っている方もありますが、冬はすぐに乾いてしまうので、数時間ごとに塗り直すようにしてください。

そうしないと短時間でかさつき、かゆくてたまらなくなることがあるので、お風呂上りの直後だけでなく、1日に数回塗るようにしましょう。

冬にお風呂でカミソリを使ったムダ毛処理は寒さに注意

冬は寒いため、外出から帰った直後では身体が冷えきった状態にあり、肌も乾燥しています。

お風呂に入って温まる前に、カミソリでムダ毛処理をしようとする人もいますが、それはやめるようにしてください。

なぜなら寒さでかさついた状態でムダ毛を剃ろうとすると、肌がダメージを受けるからです。

 

カミソリでムダ毛処理をする前には、必ず、冷えた身体を湯船で温め、水分で毛を柔らかい状態にしてから、ムダ毛を剃るようにしましょう。

普段の硬い毛の状態では剃りにくいですが、柔らかくなると簡単に剃毛できます。

 

湯船に長く浸かると、肌がふやけてしまうので、肌が敏感になり、刺激に弱くなってしまいます。

そのときにムダ毛を剃ると、肌への負担が大きくなるので、あまり長時間浸かるのは避け、体が温まったと感じたら、すぐに剃り始めるようにしましょう。

 

人によっては、シェービングクリームをつけずに、そのままムダ毛を剃ろうとする人もいますが、直接肌にカミソリの刃が触れるので良くありません。

ムダ毛と一緒に角質まで除去したり、刃が滑って、怪我をすることがあるのでやめましょう。

 

シェービングクリームには肌を保湿するための成分が配合されているので、処理後の肌に潤いを与えることが出来ます。

冬は肌が乾燥しやすいので、必ず塗るようにしましょう。

 

また、冬のお風呂でカミソリを使ってムダ毛処理をする時には、寒さにも注意が必要です。

湯船に浸かる前、身体が温まる前に長時間ムダ毛処理をすると、風邪をひいてしまう可能性もあります。

冬にお風呂でカミソリを使ったムダ毛処理はキズに注意

冬は空気が乾燥していて寒いので、お肌はかさつきやすく、外部からの刺激に弱い状態になっています。

そんなときにお風呂でカミソリを使ってムダ毛処理をしたいのなら、出来るだけ肌に優しい方法で行わなければなりません。

 

カミソリを使って毛の流れに逆らってムダ毛を剃ろうとする人がいますが、これは肌への負担が大変大きいのでやめましょう。

毛の流れに逆らってムダ毛を剃ると、色素沈着で肌が黒ずんだり、埋もれ毛・埋没毛やキズが出来る原因にもなるので、間違ってしまわないように注意が必要です。

色素沈着で肌が黒くなると、なかなか元の綺麗な肌には戻りませんし、皮膚の中で勝手に伸びていく埋もれ毛を取り除くのも大変です。

キズなどのない、綺麗な仕上がりにしたいなら、毛の流れに沿ってシェービングするようにしましょう。

その際は必ずシェービングクリームを塗り、肌にカミソリの刃を直接当てないように注意してください。

 

冬は乾燥しやすく、肌がいつもよりも敏感になっているので、繰り返し同じ場所にカミソリを当てると、肌へのダメージが大きくなります。

念入りにムダ毛のケアを行いたい気持ちはわかりますが、古くて切れ味の悪いカミソリを使っていない限りは、一度でも綺麗に除去できるはずです。

何度も同じ部分にあたらないよう、肌を滑らせるように優しく剃るようにしてください。

まとめ

「冬にお風呂でカミソリを使ったムダ毛処理は乾燥、寒さ、キズに注意!」という内容でご紹介しました。

肌のバリア機能を低下させないためにも、寒い冬は特にカミソリを使ったムダ毛処理では注意が必要です。

ムダ毛を剃る方向や保湿、身体を温めてからムダ毛処理をすることなど、暑い時期と違って剃り方には注意したいものです。