フラッシュ脱毛をする時に、そのしくみや効果が気になる人もいるでしょう。

また、安全性に問題はないのか、アフターケアはどうすればよいのか気になる人もいるはずです。

フラッシュ脱毛をする前に、脱毛エステサロンでカウンセリングを受けるのですが、その前に、フラッシュ脱毛のしくみや効果、安全性やアフターケアについて知っておくと、より理解しやすいでしょう。

そこで、フラッシュ脱毛のしくみ、効果、安全性、アフターケアについてまとめてみました。

フラッシュ脱毛のしくみと効果

フラッシュ脱毛のことを、「光脱毛」と呼んだり、「IPL脱毛」、「プラズマ脱毛」と呼んだりする脱毛サロンもあるようです。

そんなフラッシュ脱毛とは、どのような脱毛のやり方なのでしょう?

また、レーザー脱毛との違いは何なのでしょう。

脱毛の初心者さん、初めて脱毛をする方に、気になるフラッシュ脱毛のしくみと効果からご紹介していきます。

フラッシュ脱毛のしくみ

フラッシュ脱毛とは、光を毛根に当ててムダ毛が生えないようにしていく脱毛方法です。

では、もっと詳しくご紹介していきましょう。

 

日本人の毛には、主に黒い毛と白い毛がありますよね。

黒い毛には、毛根にメラニン色素が含まれています。

※メラニン色素には、黒色メラニン(ユーメラニン)、肌色メラニン(フェオメラニン)があります。

その毛根部分のメラニン色素に点滅したある一定の光を当てて、毛根にダメージを与えることで脱毛していくのです。

紙に黒色のマジックなどで印をつけ、そこに虫眼鏡を使って太陽光を集中させることで、紙から煙が出て燃えるのと同じようなやり方です。

なので、白髪にフラッシュ脱毛をしようとしても、白髪の脱毛は不可能なのです。

※もし、白髪を脱毛したいのなら、ニードル脱毛をおすすめします。

 

フラッシュ脱毛をする時に、1度だけでは脱毛することはできません。

2回、3回と繰り返していくうちに、だんだんと毛根や毛乳頭、毛母細胞を弱らせていくのです。

ちなみに、毛母細胞、毛乳頭は新しい毛に成長するためのもので、毛根のまわりにあります。

フラッシュ脱毛の効果

フラッシュ脱毛の効果は、数回通うことで得ることができます。

ニードル脱毛(毛穴に針を刺し、電気を流して毛根に直接ダメージを与える)は1度で脱毛効果がありますが、フラッシュ脱毛は徐々に毛が薄くなっていくイメージです。

気になる回数なのですが、平均的には6~9回ぐらい。

個人差があるので、もっと少ない人も、もっと多い人もいます。

フラッシュ脱毛の安全性とアフターケア

フラッシュ脱毛の安全性とアフターケアはどうなのでしょう。

そこで、気になるフラッシュ脱毛の安全性とアフターケアについてご紹介します。

 

 

フラッシュ脱毛の安全性

フラッシュ脱毛の施術をしてもらうのは、脱毛エステサロン。

脱毛エステサロンは、医療機関で行うレーザー脱毛と違い、常駐の医師はいません。

安全性はどうなのでしょうか?

 

フラッシュ脱毛で使うマシンは、レーザー脱毛で使うマシンよりも出力が弱くなっています。

なので、レーザー脱毛よりもフラッシュ脱毛のほうが安全性は高くなります。

 

レーザー脱毛は、トラブルが発生した時に、すぐに医師が適切に処置できるように医師が常駐する決まりになっているので、脱毛効果の高い、強いレーザーを使用できるのですが、脱毛エステサロンでは認められていません。

なので、すぐに高い脱毛効果が得られるのはレーザー脱毛です。

ただし、フラッシュ脱毛でも、弱い光を何度か照射させることで、徐々に毛根にダメージを与えることができるのです。

たまに、フラッシュ脱毛をしても、また毛が生えてくるということを聞きますが、1度弱った毛根から黒くて元気な毛が生えてくることはありません。(ホルモンバランスの異常などの例外はあります)

フラッシュ脱毛のアフターケア

最後に、フラッシュ脱毛のアフターケアについてご紹介します。

脱毛する時は、肌に光を当てて毛根のメラニンの働きを弱くします。

なので、脱毛をする時や、脱毛した後には、肌が熱をもっています。

脱毛サロンなどでは、脱毛と同時に肌を冷却したり、脱毛後に肌を冷却したりします。

ではその後のアフターケアはどうするのでしょう?

脱毛したら化粧水、クリームなどを塗布

脱毛した後は、肌が乾燥しています。

しっかりと保湿するためにも、化粧水やクリームなどを塗布しておきましょう。

ただ、化粧水にアルコールが入っているものは避けましょう。

特に肌の弱い敏感肌の人や、肌が乾燥しやすい乾燥肌の人は要注意!

塗布した瞬間にスーッとするものは、アルコールが入っている可能性があります。

脱毛した後のお風呂はどうする?

脱毛する時には、光を当てて毛根のメラニン色素に熱のダメージを与え、毛母細胞に栄養を送る毛乳頭を破壊します。

その時に、軽いやけどのような状態になります。

なので、脱毛中や脱毛後に冷却するのですが、どうしても肌にダメージを与えてしまいます。

脱毛した後にお風呂に入ると、肌が温まり血行が良くなります。

その時に、かゆみや腫れを引き起こしてしまう可能性があるのです。

なので、脱毛した後のお風呂の湯船に浸かるのは避けるようにしましょう。

また、お風呂の湯船には雑菌がいる可能性も高いです。

お風呂では、シャワーだけにして短時間で済ませるのが良いでしょう。

脱毛エステサロンでアフターケアのやり方を教えてくれるので、脱毛する時に詳細を聞いてみて下さいね。

まとめ

「フラッシュ脱毛のしくみと効果 安全性やアフターケアはどうするの?」という内容でご紹介しました。

フラッシュ脱毛は何度か通う必要がありますが、少しづつ効果がでてきます。

使うマシンの出力が、医療機関で行うレーザー脱毛よりも弱いので、肌へのダメージを弱めですが、アフターケアをしっかりとしておくことをおすすめします。