脱毛サロンで脱毛する前に、カウンセリングを受け、いろいろと聞かれます。

例えば、脱毛したい部位、アレルギー、脱毛の経験など・・・。

また、脱毛する前に、自宅でムダ毛の処理をして下さいと言われることもあります。

そこで、脱毛サロンに行く前に自宅でのムダ毛の処理のやり方と毛の長さについてご紹介します。

脱毛サロンに行く前に自宅でのムダ毛の処理のやり方

脱毛サロンで契約をすると、予約をしてから施術を受けに行くようになります。
当日は特に持参するようなものはありませんので、普段通りのお出かけの気分でお店にいくといいでしょう。

 

ただ、特に持っていくものはなかったとしても、当日までには事前にムダ毛の処理をしていかなくてはなりません。

脱毛サロンによっては、処理をしていかなくてもいいというサロンもありますが、多くのサロンでは、事前に自分で処理をしておかなければ、施術を断られる場合があります。

せっかくいったのに自己処理をしてなかったために施術を断られてもいけませんので、事前処理を忘れないようにしましょう。

 

ムダ毛の事前処理は、3日前くらいから前日までにしておかなくてはなりません。

ムダ毛の処理の方法としては、シェーバーを使用して毛の処理をするようにしましょう。

その時に肌を傷つけるようなことになれば、施術がうけられなくなる場合もありますので、傷が出来ないように気をつけておきましょう。

 

事前処理をしてはならない方法が、毛抜きを使って引き抜いてしまう方法です。

毛抜きを使うことによって、毛根に機械が反応しなくなりますので、効果を得ることが出来なくなるからです。

毛根にダメージをしっかり与えることが出来なければ、施術を受けても意味がありませんので、毛抜きは使用しないようにしましょう。

 

施術をする3日くらい前に事前処理をした場合には、当日になるとある程度の毛の長さが出ている場合がありますが、その程度であれば問題はありません。

しかしそれでも施術を受けられないのではと心配なのであれば、早くから事前処理をするのではなく、前日に処理をしておくといいでしょう。

 

事前処理をする場合、腕や脚などであれば自分でも問題なく行うことが出来ますが、背中などの手が届きにくい場合はどうすればいいでしょうか。

背中は自分では目視することが出来ませんので、自己処理をしようにも難しい部位ですし、無理をすることによって傷がつく可能性があります。

自分では処理をしにくい部分に関しては、事前に脱毛サロンに確認をしておくといいでしょう。

手の届かない部分に関しては、無料でサロン側が処理してくれるという場合もあれば、有料でサロン側が処理をしてくれるという場合もあります。

有料になるのであれば、家族などにお願いをして処理をしておけば出費を抑えられますので、確認をしておかなくてはなりません。

 

自分ではきれいに事前処理をしたつもりだったとしても、ふくらはぎの裏の部分などは綺麗に処理が出来ていない場合があります。

鏡でチェックしたときには問題なさそうだったとしても、実際に施術に行ってサロンで剃り残しが発見された場合には、施術を受けられなくなるのでしょうか。

 

ほんの少しの剃り残しであればサロン側で処理をしてくれる場合もありますが、あまりにも剃り残しが多い場合には、キャンセルになってしまったり、追加料金を取られてしまうことがあります。

キャンセルは嫌だから追加料金を支払ってサロン側に処理をしてもらった場合、施術時間が短くなってしまうことがあるので、得策ではありません。

人気のある脱毛サロンであれば、予約がぎっしりと詰まっていますので、一人のお客様にかけられる時間が決まっていますので、その時間内で施術を終えなくてはならないからです。

次に予約が入っている場合には、次のお客様を待たせるわけにはいきませんので、限られた時間の中での施術になってしまいます。

 

丁寧にゆっくりと施術をしてもらうためには、剃り残しがないようにしておくことです。

前日には剃り残しがないかをくまなくチェックするようにしておくことによって、問題なく施術を受けられるようになります。

脱毛サロンに行く前に自宅でのムダ毛の処理をしたときの毛の長さ

脱毛サロンに行く前に自宅でムダ毛の処理をする時に、どのくらいの長さにしておけば良いのでしょう?

毛の処理は、脱毛する当日から3日前~前日の間にするようにということでご紹介しました。

 

毛の伸びる長さが、1日で約0.3mm~0.4mm位だと言われています。

なので、脱毛の前日にムダ毛の処理をすると、当日には0.3mm~0.4mm程度伸びていて、3日前にムダ毛の処理をしていたのなら、0.9mm~1.2mm位の長さになっているということになります。

まとめ

脱毛サロンに行く前に、自宅でのムダ毛の処理のやり方と毛の長さについてご紹介しました。

まとめますと、

1、ムダ毛の処理はシェーバーを使い、3日前~前日の間にするということ。

2、ムダ毛の処理が、自分で難しい部位は脱毛サロンで処理してもらえるのかということの確認をしておくこと。

3,毛抜きを使用しない。

4、剃り残しがないかチェック。

以上になりますが、カミソリは肌への負担が大きいので、電気シェーバーでのムダ毛処理をおすすめします。

また、肌の弱い人は、電気シェーバーを使った後にしっかりと保湿しておくと良いでしょう。