脱毛サロンでの脱毛は医療行為になるのでしょうか?

もし、医療行為になるとしたら、どのような条件があるのでしょう?

そのような、疑問を持っている人に、その答えと理由について紹介します。

脱毛が初めてとか、これから脱毛をしてみたいと思っている人は違いを見ておきませんか?

脱毛サロンでの脱毛は医療行為になる?その答えと理由

脱毛サロンでの脱毛施術は医療行為になりません。

ですので、医師免許がなくても脱毛の施術をすることができます。

ただ、脱毛サロンで脱毛しても、医療クリニックで脱毛してもムダ毛が目立たなくなるのに、なぜ脱毛サロンの場合には医療行為にならないのでしょうか?

そんな疑問を解決するために、答えと理由について紹介していきましょう。

脱毛サロンでの脱毛が医療行為にならない理由

脱毛サロンでは、使用する光の強さが弱く、毛乳頭や皮脂腺開口部などを破壊するほどの強さを持つレーザーを使用していないので、医療行為にはなりません。

脱毛サロンで使用しているマシンの出力は、医療クリニックのマシンよりも弱いので、医師免許のない人でも取り扱いできます。

ですので、脱毛サロンで施術しているスタッフの人は医師免許を持っていません。

 

それに対して、医療クリニックのレーザー脱毛は医師免許が必要です。

レーザー脱毛は、脱毛サロンの光脱毛よりも毛根へ与えるダメージや肌に与えるダメージが強く、赤みややけどの可能性も高くなります。

ですので、脱毛サロンで脱毛するよりも、医療クリニックで脱毛するほうが、リスクが大きくなるということになります。

ただし、やけどをしてしまっても、すぐに医師に適切に処置してもらえるのは安心できるところだと言えるでしょう。

 

もちろん、レーザー脱毛にもメリットがあり、脱毛サロンよりも脱毛完了までの回数が少なく時間も短いので、短期間に脱毛を終わらせたいと思っている人にはおすすめです。

脱毛する時にこのような施術は医療行為になる

照射エネルギーの強いレーザーなどを毛根へ照射し、毛乳頭や皮脂腺開口部などを破壊する行為は医療行為になります。

脱毛サロンでも、光を照射することで毛根へのダメージはあります。

ですので、医療クリニックよりも、多い回数で施術していくことにより、ムダ毛が薄くなったとか、ほとんど生えてこなくなったという人がいるのです。

ただし、光脱毛は照射エネルギーが強くないので、医療行為とは呼んでいないのです。

脱毛サロンでもこのようなときには医療行為になる。

脱毛サロンで照射エネルギーの強いレーザー脱毛をしてしまうと医療行為となり、医師免許がない場合には違法となります。

いくら、脱毛サロンで脱毛すると言っても、使用するマシンが照射エネルギーの強いマシンで、毛乳頭を破壊するほどのもので施術した場合、医師法の医療行為となります。

 

脱毛サロンの光脱毛は、毛乳頭を破壊できないので、医療行為になりませんし、永久脱毛とも呼べません。

永久脱毛の詳細はこちらの記事へ⇒光脱毛は永久脱毛と呼べるの?脱毛の効果はいつから感じられる?

ですので、脱毛サロンでは「永久脱毛」や「毛乳頭を破壊できる」と言っていないはずです。

脱毛の効果は、医療クリニックのほうが短期間で感じられるのですが、脱毛サロンでも何度か施術していくことで、効果を感じられます。

まとめ

「脱毛サロンでの脱毛は医療行為になる?その答えと理由はこちら」という内容で紹介しました。

脱毛サロンで光脱毛をすることは医療行為になりませんが、照射エネルギーの強いレーザー脱毛で毛乳頭を破壊してしまうと医療行為になります。

脱毛する場所がクリニックかエステサロンという問題ではなく、使用するマシンの照射エネルギーが強いか弱いかということが医療行為に関係します。

あなたは、どちらで脱毛したいですか?