脱毛サロンや医療クリニックで脱毛をした後の肌はとてもデリケート。

レーザーなどの熱を受けて、肌も日焼けの後と同じような状態になっています。

普段の生活と同じように過ごしても良いのでしょうか?

そこで、脱毛後のアフターケアで運動、入浴、日焼けは大丈夫なのかまとめてみました。

美肌のためにもチェックしてみましょう。

脱毛後のアフターケアで運動は大丈夫?

脱毛後のアフターケアで運動は大丈夫かというと、できるだけしない方がいいです。

血行が良くなると炎症を悪化させる原因になるからですが、他にも大丈夫ではない理由があります。

脱毛後に運動してはいけない2つ目の理由は汗をかくからで、脱毛の施術後の肌は軽い火傷のような状態になっています。

肌はダメージを受けている状態なので、汗をかくと雑菌が繁殖して、敏感になっている肌の毛穴が炎症を起こす可能性が高いです。

肌トラブルを引き起こしてしまう恐れがあるので、運動は避けるべきなのです。

汗をかくと拭く時にタオルでこすってしまうこともあり、そうすると肌を傷めやすくなります。

 

脱毛の施術をした後、スポーツクラブに行ったり、ランニングをする人がよくいますが、そうした行為は厳禁です。

習い事などでトレーニングしている人も多いでしょうが、脱毛した後はトラブル防止のために、当日は重ならないようスケジュールを調整する必要があります。

数カ月に1度のことなので、面倒くさがらずに気をつけるべきで、そうすることが美肌につながります。

脱毛後の肌は熱がこもっているので、運動すると体温が上昇し、新陳代謝が活発になってしまいます。

赤みやかゆみの原因になるので、アフターケアとして控えるようにしましょう。

脱毛後のアフターケアで入浴は大丈夫?

脱毛後のアフターケアに、入浴は大丈夫なのかと考える人は少なくないでしょうが、結論から言うと大丈夫ではありません。

お風呂に入ると運動と同様、血行がよくなるので控える必要があります。

血行がよくなると炎症が悪化する恐れがあるので、長くお風呂に入るのは控えなければなりません。

 

なぜ脱毛後の入浴がダメなのかと言うと、脱毛サロンの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛は、光が持つ熱エネルギーで毛根を死滅させるからです。

脱毛機から発する光はそれほど強烈ではないので、肌にダメージを与えている印象はあまりない感じがあるかもしれません。

しかし実際には、一瞬の照射でも毛根を破壊してしまうほどのエネルギーを持っているので、照射を浴びた肌はダメージを受けています。

 

 

脱毛後は、ダメージを受けた肌に対してクールダウンするために冷却ジェルなどを施しますが、それでもしばらくは肌には熱が残っています。

そのため、脱毛を受けた直後は、肌を温め、血行を促す行為である入浴は避けた方がいいのです。

ただ、湯船に浸かるのはダメなのですが、お風呂自体が禁止されているわけではなく、シャワーで軽く体を流すくらいなら大丈夫です。

ただし、シャワーを浴びる時は、脱毛の施術を受けたところをゴシゴシと洗わないように注意しましょう。

脱毛後のアフターケアで日焼けは大丈夫?

脱毛後によく指摘されるのは、日焼けは大丈夫なのかということです。

脱毛する際、熱を加えて毛根を焼いていくので肌は熱を持っていて、軽く炎症している状態になっています。

従って大丈夫ではなく、肌は赤くなってヒリヒリした状態になり、痒くなってしまいます。

 

 

日焼けした肌は乾燥しているので、脱毛器の照射パワーが毛穴の奥まで届かなくなり、脱毛効果が半減してしまいます。

また脱毛器の光は黒いものに反応する性質があるので、照射範囲が広がることにより、効果が得られにくくなります。

 

 

通常、脱毛後のアフターケアでは、ほてった肌を鎮静化するため、タオルや保冷剤で施術部位を冷やすクールダウンをします。

また、肌のことを考えて、保湿ローションを塗ることで肌の状態を正常に保つように手入れをします。

ただ注意が必要なのは、脱毛サロンでしっかりアフターケアをしてくれたからと言って大丈夫だと思ってはいけません。

大事なのは自宅でのアフターケアで、毎日肌の保湿をして刺激を与えないようにすることが大切です。

保湿すると肌をみずみずしい状態に保つことができ、その後、施術する時の痛み軽減にもつながります。

脱毛後の肌の状態は人によって違いますが、少なくとも施術から最低でも1週間から2週間くらいは日焼けしないよう注意しましょう。

まとめ

「脱毛後のアフターケアで運動、入浴、日焼けは大丈夫?」という内容でご紹介しました。

脱毛後の肌はとてもデリケートなので、アフターケアのために運動や入浴、日焼けは避けるようにしましょう。

脱毛後は、肌が乾燥しやすくなっているため、保湿をしっかりとして、肌への負担を避けることが美肌へつながります。