脱毛すると、汗をかきやすくなったという話を聞いたことがあるかもしれません。

でも実は、ムダ毛がなくなったので、汗を感じやすくなったというのが理由のようです。

では、脱毛したらワキの体臭がきつくなってしまうのでしょうか?

また、ワキガや多汗症はどうなるのでしょうか?

脱毛した後のワキの体臭、ワキガ、多汗症について紹介していきます。

脱毛したらワキの体臭がきつくなる?

脱毛をしたらワキの体臭がきつくなるという話が聞かれますが、これは該当する人とそうでない人がいます。

脱毛をしてムダ毛がなくなれば、確かに蒸れは発生しにくくなりますが、ムダ毛というクッション役がなくなることで、ニオイが強くなると感じる方もいるのです。

 

ワキにムダ毛がたくさん生えているとフワフワとなり、ニオイを分散させてくれます。

体臭自体が弱くなるわけではなく、気づきにくい状態にしてくれると考えるとよいでしょう。

そのため脱毛をしてワキがツルツルになれば、体臭がきつくなったと感じる方がいるわけです。

 

ただ、ワキ毛がなくなることで洗浄をしやすくなるので、消臭対策をしやすくなると言えるでしょう。

洗浄後に乾燥させてデオドラントを使用すれば、ニオイは最小限まで抑えることができます。

 

ワキのニオイを軽減するためには、毎日の洗浄とデオドラントが基本となります。

消臭・殺菌作用のあるデオドラントを使用すれば、気にならないレベルまでニオイを抑えることは可能です。

クリームタイプはしっかりと肌に密着してくれるので、消臭作用が長く続いてくれるでしょう。

ニオイを最小限に抑えるためにも、毎日しっかりと洗浄して清潔にしておきましょう。

脱毛したらワキガはどうなる?

ワキガに悩んでいる方は多いですが、実際はほとんどの方が錯覚しているだけです。

もともとワキはニオイが強い部位であり、これはデリケートゾーンのニオイが強いのと同じ理屈です。

アポクリン汗腺が存在するので、ベタベタとした粘度のある汗をかきます。

 

この問題を解消するためには、しっかりと洗浄をしておけば問題ありません。

 

本当のワキガなら医療機関で剪除法・ボトックス注射などによって施術をする必要がありますが、大抵の方はセルフケアだけで対処できます。

シェービングを定期的に行っておけば、ニオイは軽減するでしょう。

 

ただし、シェービングは肌を傷めてしまうので肌が強くない人がずっと行なうには適していません。

医療脱毛を利用してツルツルにすれば、ワキガ対策として非常に効果的です。

ツルツルになった肌は弾力性を取り戻しますし、何より新陳代謝がよくなるので汗をよくかくようになります。

それに伴って毒素も排出されて、サラサラとした綺麗な肌が復活するでしょう。

 

肌がベタベタになると困るので、早期のうちに医療脱毛を受けておくのがおすすめです。

医療脱毛は永久的に処理ができるので、自己処理が不要になるメリットがあります。

シェービングによる肌荒れが気になる方は、早めに受けておきましょう。

脱毛したら多汗症はどうなる?

多汗症は自律神経の異常が問題だと言われており、ここをクリアすれば改善することが多いです。

緊張しやすい体質の方は汗をかきやすいですが、これは緊張することで交感神経が活発になってしまうからです。

 

多汗症を治すためにはメンタルケアが効果的ですが、それほどひどくなければ脱毛で解消することもあります。

ツルツルになった肌は速乾性が促進されるため、汗をかいても乾燥しやすいです。

汗というのはすぐに乾燥してくれれば、ニオイはほとんど発生しません。

長時間蒸れた状態が続くことで雑菌が繁殖し、特有のニオイを発生させてしまうのです。

 

脱毛をして肌がツルツルになることで、多汗症があまり気にならなくなったという方は多いです。

汗をかきやすい部位は人によって変わりますが、しっかりとデオドラントで対策すれば汗を抑えることができます。

 

最近のデオドラントは制汗作用が強くなっており、長時間、汗をブロックしてくれます。

1日1回の使用でカバーできるものが増えており、これを使用すれば汗は大幅に減少するでしょう。

 

あとは自律神経のバランスを維持させるために、ストレスを溜めない対策をしてください。

脱毛をして肌をツルツルにすることで安心感が生まれますし、あとは夜ふかしをしないことが大切です。

まとめ

「脱毛したらワキの体臭がきつくなる?ワキガや多汗症はどうなる?」という内容で紹介しました。

脱毛すると、今まであった毛がなくなるので、汗やニオイを感じやすくなります。

ワキをこまめにお手入れすることで、ニオイや汗を防ぎ、快適な生活をおくりたいですね。