脱毛した後に、お酒や熱めのお風呂は血行促進効果があり、肌のかゆみや肌が熱くなってしまうことがあります。

また、お酒を飲むと肌の乾燥にもつながるので、お肌が外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。

では、運動はなぜダメなのでしょう?

脱毛した後の激しい運動はダメ!汗、日焼け、摩擦と肌の関係という内容でご紹介していきます。

脱毛した後の激しい運動はダメ!汗と肌との関係

脱毛サロンや医療クリニックに通っている時には、激しい運動は避けるようにしましょう。

なぜダメなのかと言いますと、脱毛した後の激しい運動で汗をかくと、雑菌などの影響で、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性が高くなるという関係だからです。

 

脱毛をした後というのは、毛穴などがダメージを受けているような状態であり、雑菌に対する抵抗も弱くなっているというのが理由だからです。

 

つまり、汗をかくことで、そこに雑菌が繁殖するような状態となり、必要以上にかゆみを感じることが増え、肌トラブルの原因となります。

こうしたこともあり、激しい運動というのは少なくとも脱毛した当日や、脱毛をしてからの数日間は避けなければなりません。

 

激しい運動をすることにより、新陳代謝が良くなるのはイメージできますが、そうなることで血行が促進され、結果として肌の赤みが増してしまい、それがかゆみや湿疹の原因になってしまうことがあります。

1度、肌に赤みが出てしまうと、数日間は赤みが残ってしまうこともあります。

状況によっては、毛穴の中で化膿をすることがあるため、ハードな運動を避け、できるだけ汗をかかないようにすることが求められます。

 

肌に汗をかくケースというのは、お風呂に入ることやアルコールを摂取することなどにも関係します。

シャワー程度であれば大丈夫ですが、半身浴などをしてデトックスをするようなことは避けなければなりません。

寒い冬などはお風呂で体を温めたいところですが、脱毛をして数日はそれを犠牲にすることになります。

脱毛した後の運動による日焼けと肌の関係

脱毛した後の運動による日焼けは、やけどに近い状態の肌にさらに紫外線を浴びさせて、肌への負担を大きくするようなものです。

美肌のためには、脱毛した後に日焼けするのは避けましょう。

皮膚も多少炎症を起こしており、少なくとも健康的な肌の状態ではありません。

 

肌がそのような状態の際に日焼けをしてしまうというのは、明らかな問題であり、絶対に避けなくてはならない状態であると言えます。

日焼けをすることで、肌の炎症が悪化するのは明らかであり、そうなってしまうと肌の回復にかなりの時間がかかってしまいます。

 

日焼けをする場面は人それぞれですが、例えば、ランニングやジョギングなどの運動を行っていて、日焼けをする場合もあります。

肌への負担を考えると、運動をしないようにするか、脱毛の個所を守りながら慎重に行うか、いずれかの選択肢をとる必要があります。

 

無理な運動は赤みを生じさせ、さらなる炎症の悪化を招くことにもつながります。

そうしたことからも、安易に外に出ることは、肌にとってかなりの大ダメージになることは言うまでもありません。

 

また、水着になるために脱毛をしに行ったという場合、高確率で肌を晒し、その部分が日焼けするのは目に見えています。

せっかく水着になるためにやったのに、それが仇となってしまっては悔やんでも悔やみきれません。

脱毛の施術をしてもらったら、その状態はすでに炎症があるというのを知っておく必要があります。

脱毛した後の運動でおこる衣類と肌の摩擦の関係

脱毛した後に衣類と肌に摩擦が起こると、炎症や内出血になることもあります。

脱毛をしてもらった直後というのは、肌が非常に敏感な状態となっており、摩擦によってかゆみが生じやすくなります。

このため、脱毛をしに行く場合、当日の衣類はできるだけ摩擦がないようなものにしておく必要があります。

また、密着したような衣類を着ていくことにより、それが肌との摩擦につながってしまうこともあるため、生地だけでなく、どのような服装で行くのかというのも非常に重要な要素となっていきます。

日焼けをしなければ良いと思い、仕事や遊びなどに出かける際に、ジーンズを穿いて1日中動いていると、肌の炎症で内出血になってしまうこともあります。

 

また、電車に乗り遅れそうだからちょっと走るという運動もあまりおすすめはできません。

体を多少激しく動かすとそれだけで衣類と肌が擦れ、それもまた肌トラブルの原因となりがちです。

 

運動は汗をかくからダメ、肌を出している部分が日焼けをするからダメというのがありますが、この場合は物理的な理由でダメということになります。

刺激ができるだけないような服を着るというのが大事ですが、少なくとも施術を受けた日は慎重な行動をすることも必要です。

 

脱毛をしなくても、肌が敏感な人にとって化学繊維のものはあまり適さないですが、すべての人がそのような状況となり、今まで気にしてこなかった人ほど問題を抱えやすくなります。

この部分のレクチャーはサロンでもなされますが、自分でも気をつけたいところです。

まとめ

「脱毛した後の激しい運動はダメ!汗、日焼け、摩擦と肌の関係」という内容でご紹介しました。

脱毛した後には、肌が軽い日焼けのような状態になります。

特に、レーザーを使ったクリニックでの脱毛は、肌への負担が大きいので脱毛した後には、できるだけ汗をかかないようにし、日焼けや衣類との摩擦にも注意したいものです。

美肌のためにも、脱毛しているときは、普段よりも肌への負担に注意しましょう。