通常、脱毛では黒色メラニン色素に反応する光やレーザーで脱毛します。

でも、産毛やほくろの毛はどうなのでしょう?

産毛は色も薄いし、毛も細めですよね。

ちゃんとレーザーが反応してくれるのか心配です。

また、ほくろの毛もレーザーがほくろに反応してしまいそう。

そこで、産毛やほくろの毛の脱毛は平気なのかご紹介します。

脱毛するときに産毛は平気なの?

脱毛サロンで行われる光脱毛の機器を使用した施術では、毛根のメラニン色素に反応する光を照射して、ムダ毛にダメージを与えます。

光脱毛は医療レーザー脱毛よりもマシンの出力が弱くなっているので、産毛の脱毛の効果は薄くなり、施術回数も増えます。

 

さらに、産毛に光を照射した場合には、メラニン色素が薄いため、効果が薄いだけではなく、本来、毛に集中して当たるはずだった光が肌に直接照射されます。

なので、ごく稀にとは言え、ヒリヒリとした痛みを感じることがあります。

そのプロセスの中で、毛先のみに集中してダメージが与えられた場合には、残された毛の一部や毛根が成長し、太くて濃い毛が生えてくる硬毛化が発生してしまうことがあります。

ただし、毛が濃くなることによって、光脱毛の光に反応するメラニン色素が増えるため、次の施術では、さらに効果的に脱毛することができます。

とは言え、一時的に濃い毛が存在する状態になってしまうため、施術のタイミングやスケジュールについては、多くのケースで、事前カウンセリングの段階で説明があります。

もしも懸念があるのなら、遠慮せずに相談すれば、それに応じたスケジュールを、柔軟に組んでもらえます。

 

一方、レーザー脱毛機器を使用する方法では、ピンポイントで微細なレーザーを照射し、毛根のみにダメージを与えて毛の復活を抑制します。

ただ、毛の濃さによってレーザーの反応が違うので、産毛の場合には濃い毛と比べて脱毛に時間がかかります。

濃い毛が3回程度の脱毛ですむところを、10回以上かかる可能性もあります。

また、レーザーの幅よりも細い産毛であれば、完全に毛根にダメージを与えきれなかった場合は、光脱毛の例と同様に、硬毛化のリスクがあります。

これらの結果には、それぞれの肌の状態、体質に加えて、施術者のスキルも大きく作用しますが、ミクロ単位の毛穴を見落とすのは、致し方の無いところです。

そんな時のために、多くの脱毛サロンでは、追加の施術がサービスされていたり、あらかじめそれらの事象を想定し、余裕を持った施術回数を設定しています。

脱毛するときにほくろの毛は平気なの?

脱毛サロンで、メラニン色素に反応する光を照射する光脱毛を行った場合、当然、メラニン色素をふくんだほくろにも光が反応します。

ほくろの大きさや、濃さにもよりますが、もしも、著しく光を照射し続けることがあれば、火傷などのダメージを与える可能性はあります。

しかし、多くの脱毛サロンでは、事前のカウンセリングなどを通して、リスクの説明がされるのと同時に、ひとりひとりの肌の状態についても入念にチェックが行われます。

該当する箇所については、レーザーに反応しない特殊な素材のテープを貼ったり、レーザーの出力を調整して、少しずつ時間をかけて、丁寧に施術が行われるのはもちろん、リスクが高いと判断された場合は、周辺の施術を断念したり、他の方法が提案される場合もあります。

多くの場合は、施術前に、本当にこのプランで良いのか、確認されますが、もしも心配ならば、事前に何でも相談し、懸念を完全に払拭してから、施術をスタートすることをおすすめします。

 

一方、レーザーを照射する方法では、ピンポイントでダメージを与えて毛の復活を抑制するものですが、毛根とほくろが一体化しているかのように見えるほど近くに存在する場合は、その副産物として、ほくろにもダメージが与えられます。

比較的色素が薄く、小さなほくろであれば、消えてしまうこともあります。

レーザーによって、毛根にダメージを与えるのも、ほくろにダメージをあたえるのも、細胞にダメージを与えるという意味では同じ理屈であり、その存在が悩みであったならなおのこと、意図しない効果に、喜ぶ利用者も少なくありません。

いずれにしても、ここまで紹介してきた事例は、技術革新から生まれた最新の機器と、豊富な経験と高い技術を併せ持った施術者によって、安全性が確認されたサービスです。

メラニン色素の濃い方など、体質によっては、ほんの僅かとは言え、リスクは存在します。

しかし、事前カウンセリングや施術プランを立てる段階など、何度も確認が行われ、リスクを回避するプロセスが用意されているなど、安心して施術を受けることができるシステムが提供されています。

まとめ

「脱毛するときに産毛やほくろの毛は平気なの?」ということでご紹介しました。

脱毛エステサロンで施術する光脱毛も、医療クリニックで施術する医療レーザー脱毛でも、産毛の脱毛に一定の効果はあります。

ただ、マシンの出力の強さや産毛の濃さなどによって施術する回数が違います。

ほくろの毛を脱毛する場合には、毛のまわりのほくろの大きさにより、光を照射し続けることで火傷をしてしまう可能性があります。

気になる場合には、カウンセリングの時に質問しておきましょう。