脱毛と除毛についてどこが違うのだろう・・・?

そう思っているあなたに、脱毛と除毛の違いをご紹介!

脱毛にもいろんな方法があり、また、除毛にもいろんな方法があります。

それぞれのしくみや、肌に負担が少ないムダ毛処理ができるのはどのやり方なのかということも紹介していきます。

毛の処理で迷っている人は違いを見ておきませんか?

脱毛と除毛の違いとは?

脱毛と除毛の違いは、毛を毛根からすべて取り除くのか、肌に見えている毛だけを取り除くのかということになります。

脱毛は、肌の表面に見えていない部分の毛も取り除きますが、除毛は毛根から肌表面までの毛を残したまま、肌表面に見えている部分だけ取り除きます。

では、脱毛と除毛にはどのような方法があるのか紹介していきましょう。

脱毛の種類としくみ

◯医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛のしくみは、レーザーを肌に照射して毛が生えてこないようにしていきます。

よく輪ゴムで弾いたときの痛みと同じくらいと表現されるのが、医療レーザー脱毛の痛みです。

痛みに弱い人は、笑気麻酔という麻酔を使って痛みを感じないようにして脱毛することもできます。

◯フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛(光脱毛)には、IPL、SSC、SHR、ハイパースキン、プラズマ、コスモライトなどの種類がありますが、どれも医療レーザー脱毛よりも出力の弱いマシンで脱毛していきます。

IPL脱毛、SSC脱毛の痛みは、医療レーザー脱毛よりも弱く、SHR脱毛は痛みを感じずに温かみを感じる程度、ハイパースキン脱毛は全く痛みを感じない脱毛方法になります。

回数を重ねることで、徐々に毛が薄くなり、生えにくくなっていきます。

フラッシュ脱毛の脱毛効果は、医療レーザー脱毛よりも弱く、完了までの回数や期間が2倍前後かかります。

家庭用脱毛器もフラッシュ式のものが多く、レーザー式で脱毛できる「トリア」も医療レーザー脱毛よりも出力を最大20ジュール程度と低めにしています。※医療レーザー脱毛は30ジュール~60ジュル程度に出力を調節できる。

◯ニードル脱毛(針脱毛)

ニードル脱毛のしくみは、毛穴に針を刺して電気を流し、毛根を焼いて毛が生えてこないようにする脱毛方法です。

毛穴1本1本に針を刺して、電気を流していくので、脱毛の中で痛みが最も強く、効果も高いです。

ただ、手間がかかりますし、料金も高めなので、狭い範囲の脱毛が良いでしょう。

◯ワックス脱毛

ワックス脱毛のしくみは、脱毛ワックスを塗り、シートを貼って剥がすことで毛根からムダ毛を抜き去ります。

医療レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、ニードル脱毛との大きな違いは、毛根にダメージを与えることはできないことです。

何回脱毛しても、また元気な毛が生えてきます。

シートを剥がす時に、一瞬、強い痛みを感じます。

◯毛抜きで抜く

毛抜きを使って毛を抜くと、毛根から生えている毛をすべて引き抜く事ができますが、また、いつもと同じように毛が生えてきます。

こちらも、ワックス脱毛と同じで、毛が生えてこないようにできるわけではありません。

埋没毛(埋もれ毛)、毛包炎、色素沈着などのリスクがあります。

除毛の種類としくみ

◯カミソリで剃る

カミソリのしくみは、肌表面に刃を当てて毛を剃っていきます。

除毛の中の1種で剃毛になります。

すぐに肌表面の毛を剃り落とすことはできますが、毛根から肌表面までの部分には毛が残っている状態です。

毛根はダメージを受けないので、また、今までと同じように毛が生えてきます。

肌の弱い人は、カミソリ負けで肌がヒリヒリしたり、出血してしまうこともあります。

◯サーミコン式

サーミコン式での除毛のしくみは、機器から発せられる熱がムダ毛に触れ、毛をカットしていきます。

サーミコン式で除毛できるのが、「家庭用脱毛器 ノーノーヘアー」ですが、使用できる部位が腕、脚、脇などで、顔など使用できない部位もあります。

◯除毛クリーム、除毛スプレー

除毛クリームのしくみは、肌に塗って、肌表面に出ているムダ毛を溶かして取り除きます。

肌表面に見えている毛だけに効果があるため、肌表面に出ていない毛はそのまま残っている状態です。

除毛スプレーも同じように、肌にスプレーして数分そのままにしておき、毛が溶けたら拭き取ります。

◯電気シェーバー

電気シェーバーは、肌表面に見えている毛を剃るということではカミソリと同じですが、刃が直接、肌に触れないしくみになっているため、肌への負担は少なくなっています。

肌を傷つけることや、埋もれ毛の心配はありません。※故障、間違った使い方などを除く。

ただ、電気シェーバーも除毛の1種なので、毛が生えにくくなるわけではありません。

 

以上が脱毛の種類と除毛の種類、その違いやしくみの紹介でした。

毛が生えてこないようにするなら、永久脱毛と呼ばれている「針脱毛」、「医療レーザー脱毛」。

抑毛と表現されるのが、フラッシュ脱毛になります。

肌に負担が少ないムダ毛処理ができるのは?

肌に負担が少ないムダ毛処理ができるのは、脱毛では「フラッシュ脱毛/光脱毛」、除毛では「電気シェーバー」です。

フラッシュ脱毛にもIPL方式、SSC方式、SHR方式、ハイパースキン方式、プラズマ方式、コスモライト方式などいろんな呼び方の脱毛方法があります。

その中で肌への負担が少ないのは、ハイパースキン方式、SHR方式になります。

ハイパースキン脱毛は、体感温度が36度~38度程度、SHR脱毛でも温かみを感じる程度と言われています。

ですので、やけどや赤みの心配はないと言えるでしょう。

 

そこで気になるのが脱毛効果ですが、ニードル脱毛や医療レーザー脱毛よりも低いです。

ただ、継続していくと減耗、抑毛の効果を感じることができます。

すぐに結果を求める人にはおすすめできませんが、肌に負担が少ないムダ毛処理をしたい人にはおすすめです。

ハイパースキン脱毛についてはこちらの記事へ

ディオーネのハイパースキン脱毛とは?効果や痛みはどうなの?

SHR脱毛に関係あるのがこちらのページ

SHR脱毛に関する記事

 

除毛で肌に負担が少ないムダ毛処理をするなら電気シェーバーがおすすめ。

電気シェーバーには、「外刃/そとば」と呼ばれる網目状の部品と、「内刃/うちば」と呼ばれる部品があり、ほとんどの商品は外刃で捉えた毛を内刃でカットするようになっています。

ですので、肌が直接、毛をカットする内刃に触れないため、カミソリのように肌表面を削ってしまう心配がないのです。

男性はよく、ヒゲを剃るために電気シェーバーを使いますが、女性も腕などの部位を電気シェーバーで剃ることがあると思います。

また、脱毛サロンに行く前には、毛を剃っていく必要があるので、使っている人もいるはず。

電気シェーバーについてはこちらの記事で紹介しています。

通販で買える女性用電気シェーバー!脱毛前のシェービングにおすすめなのは

 

まとめ

「脱毛と除毛の違いとは?肌に負担が少ないムダ毛処理ができるのはこちら」という内容で紹介しました。

脱毛は毛を毛根から取り除くこと、除毛は肌の表面に見えている毛を取り除くことでした。

また、肌に負担が少ないムダ毛処理ができるのは、脱毛ではフラッシュ脱毛(光脱毛)、除毛では電気シェーバーでした。

カミソリと毛抜きは肌に負担が大きいので避けたいものですね。