病気になった時に、病院に行くこともあると思います。

支払った金額にもよりますが、医療費控除の対象になる場合もあります。

そこで疑問に思っている人もいるかもしれないのが脱毛。

脱毛で医療費控除はできるのでしょうか?

そこで、脱毛で医療費控除はできるのか、医療レーザー脱毛、光脱毛についてご紹介します。

脱毛で医療費控除はできる?医療レーザー脱毛の場合

本格的なムダ毛の処理を行う方法として、美容皮膚科クリニックなどの医療機関で受けることが出来る医療レーザー脱毛。

幅広い年齢層の女性に支持されている人気の脱毛方法です。

しかし、医療レーザー脱毛は、一般的なエステサロンや脱毛サロンに比べ、医療機関で受ける脱毛ケアということで、費用が高額になりがちです。

 

一般的に医療機関で受ける施術というのは、病名がついた治療ではない限り保険診療外となってしまい自由診療の扱いになるため、全額負担で支払いを行う必要があります。

そのため全身脱毛など施術範囲が広いコースを利用した場合、どうしても合計された金額が高額になってしまうデメリットが生じてしまうのです。

「医療機関でケアを受けるのだから、1年間に支払った医療費の一部が確定申告によって還元されるシステムである、医療費控除を利用することが出来るのでは」と考えている方も少なくありません。

 

しかし、美容皮膚科クリニックなどで行われている医療レーザー脱毛の場合、美容目的として全身のムダ毛を除去する施術方法となっているため、医療目的と判断されず、医療費控除のシステムを活用することは出来ませんので、事前の注意が必要です。

 

医療機関でムダ毛の処理を受ける上で大きなメリットとなるのが、施術スタッフが全て医療従事者なので、肌質や毛質などを把握した上で適切な施術を行ってくれる安心感があります。

何より施術方法として、医療機関でしか利用することが出来ない、医療レーザーを利用してお手入れを受けることが出来るメリットがあります。

 

エステサロンなどの美容施設で採用されている光脱毛を利用した施術に比べて、約半分の施術回数でお手入れを完了させることが出来るなど、短期間でのケアを済ませたいと思っている方にとって、かなり魅力的な方法となっています。

万が一、肌トラブルが起こってしまっても、施術を受けたクリニックに行けば、すぐに医師による対処を受けることが出来るのも人気の理由となっています。

脱毛で医療費控除はできる?光脱毛の場合

美容皮膚科クリニックで行われている医療レーザーを利用したお手入れとは違って、脱毛エステサロンや脱毛サロンなどの美容専門施設では、光脱毛と呼ばれる方法で脱毛ケアを受けることが出来ます。

 

光脱毛は、医療レーザー脱毛に比べて施術にかかる時間や回数は増えてしまいますが、肌への負担を最小限に抑えることが出来ます。

また、ほぼ無痛で脱毛ケアを完了することが出来るメリットがあります。※ただし、毛の太さ、濃さなどの個人差があるので、痛みを感じる人もいます。

 

そのため、デリケートゾーンの処理もスムーズに済ませることが出来る事から、今まで脱毛ケアは痛みを我慢する必要があると思っていた方でも、安心してケアを受けることが出来るようになっています。

さらに、何より費用もリーズナブルなので若い世代の女性でも利用することが出来ます。

 

ただ、脱毛サロンによっては一ヶ月に一度のペースで通うことが出来る場合もあり、一年間サロンに通うことで総合的な費用がある程度かかってしまったという方は少なくありません。

 

そこで、少しでも光脱毛でかかった費用を抑える方法として、「医療費控除を受けることが出来ないか」と考える方もいます。

しかし、残念ながらエステサロンや脱毛サロンは医療機関ではないので、光脱毛は医療目的とは判断されず、医療費控除の対象外となってしまうので、控除を受けようと思っていた方は注意をする必要があります。

 

勿論、これは美容皮膚科クリニックで行われている医療脱毛でも対象外になってしまうので、「主に美容目的で行う施術は医療費控除として扱われないこと」を念頭に入れておくことがとても大切になります。

ただ、脱毛エステサロンや脱毛サロンは、比較的費用を安く済ませることが出来ますし、肌質などもあまり気にせずに全身のお手入れを受けることが出来るメリットがあります。

 

さらに、セルフケアが面倒だと感じた場合は、出来るだけ早めに光脱毛を利用することで、安全、かつスムーズに部分脱毛、全身脱毛を受けることが出来ます。

また、光脱毛は痛みが少ないので、ストレスを感じにくく、きれいな素肌を手に入れることができます。

まとめ

「脱毛で医療費控除はできる?医療レーザー脱毛や光脱毛は?」という内容でご紹介しました。

まとめますと、医療レーザー脱毛と光脱毛のどちらの方法で脱毛しても、結果的には医療費控除はできません。

ただ、最近ではいろんなクリニックや脱毛サロンなどで、お得なキャンペーンなどを行っている事もあるので、脱毛に興味がある人はチェックしてみても良いと思います。