脱毛は脱毛方法によって痛み、期間、範囲などに違いがあります。

また、肌の状態により脱毛できたりできなかったりする事があります。

脱毛を始める前に、それぞれの違いを知っておくと理想的な脱毛方法を選ぶことができます。

そこで、脱毛方法はいくつあるのか、それぞれのメリット&デメリットについてご紹介していきます。

脱毛方法はいくつある?

脱毛をしたいけど、脱毛方法はいくつあるのか疑問に思っていませんか?

脱毛方法は大きく分けて4種類あります。

脱毛するならそれぞれのメリットやデメリットを知った上で、自分にピッタリの脱毛方法を選びたいものですよね。

まずは、4種類の脱毛方法についてご紹介します。

脱毛方法その1・・・レーザー脱毛

レーザー脱毛の施術は医療クリニックで行われます。

その理由は、医師免許を持つ人や、医師の監督のもとで看護師資格を持った人でなければレーザー脱毛をすることができないからです。

レーザー脱毛の施術方法は、脱毛したい部位のムダ毛に単一波長のレーザーを当て、毛母細胞を破壊していきます。

脱毛方法その2・・・フラッシュ脱毛(光脱毛)

フラッシュ脱毛は、エステサロンなどで施術できます。

脱毛の施術に医師免許は不要で、使用するマシンのパワーがレーザー脱毛のマシンよりも弱いのが特徴です。

フラッシュ脱毛にはS.S.C方式、IPL方式、SHR方式があります。

詳細はこちらの記事へ⇒光脱毛の種類SHR、SSC、IPL脱毛の3つのメリット&デメリット

脱毛方法その3・・・ニードル脱毛(針脱毛、美容電気脱毛)

ニードル脱毛は、永久脱毛と呼べる唯一の脱毛方法です。

ニードル脱毛もレーザー脱毛と同じように医師免許が必要になります。

ニードル脱毛のしくみは、毛穴に絶縁針を挿入し、高周波の電気を流して毛根にダメージを与えて脱毛をしていきます。

 

脱毛方法その4・・・ワックス脱毛

ワックス脱毛と言えば、ブラジリアンワックス脱毛。

脱毛したい部位に脱毛ワックスを塗り、そこにシートを貼って剥がします。

毛根からムダ毛を抜くのがワックス脱毛の脱毛方法になります。

脱毛方法によるそれぞれのメリット&デメリット

脱毛方法が4種類あるということをご紹介しましたので、それぞれのメリットとデメリットについてご紹介します。

ただ、ちょっとその前に一言なのですが、脱毛サロンやクリニックで脱毛を開始するなら早めの方がおすすめです。

サロンやクリニックの脱毛は、永久脱毛とは言えないのですが、ムダ毛のお手入れの手間は少なくなります。

時間に余裕ができるので、好きな事ができますね。

レーザー脱毛のメリット&デメリット

レーザー脱毛のメリット

・光脱毛(フラッシュ脱毛)よりも、短期間で脱毛を完了できる。

レーザー脱毛で使用するマシンの照射パワーは、光脱毛(フラッシュ脱毛)で使用しているマシンよりも照射パワーが強いので、毛根へ与えるダメージも強くなり、短期間でムダ毛が目立たなくなります。

予約を入れたり、通ったりする期間が短いので、自由に使える時間が増えます。

・肌にトラブルが起こった時にすぐに対処、処置できる。

レーザー脱毛の施術は、医師免許が必要ということで、医師が施術します。

もし、やけどなどの肌トラブルが起こってもすぐに処置してもらえるので安心です。

レーザー脱毛のデメリット

・光脱毛(フラッシュ脱毛)よりも痛みが強い。

レーザー脱毛では、使用するマシンのパワーが光脱毛のマシンよりも強いので、痛みが強めです。

・肌トラブルが起こる可能性が高い。

マシンの照射パワーが強いということは、肌へのダメージ、負担も多くなります。

冷却しながら脱毛していきますが、肌の弱い人は肌に赤みができたり、やけどをしてしまう可能性もあります。

光脱毛(フラッシュ脱毛)のメリット&デメリット

光脱毛(フラッシュ脱毛)のメリット

・レーザー脱毛、針脱毛よりも痛みが少ない。

S.S.C方式、IPL方式、SHR方式のどの脱毛方法でも、レーザー脱毛よりも使用しているマシンの照射パワーが弱いので、痛みが少なく、人によってはほとんど痛みを感じないということもあります。

・1回の脱毛料金がレーザー脱毛や針脱毛よりも安い。

1回あたりの脱毛料金が、レーザー脱毛や針脱毛よりも安いことがほとんどです。

光脱毛(フラッシュ脱毛)のデメリット

・レーザー脱毛より通う回数が多め。

レーザー脱毛よりも光脱毛は脱毛効果が弱いので、ムダ毛が気にならなくなるまでにかかる回数が多くなります。

・肌トラブルがあったときにすぐに処置できない。

光脱毛(フラッシュ脱毛)は、針脱毛やレーザー脱毛のように医師免許を必要としないので、肌トラブルが起こった場合に、すぐに処置できません。ただ、キレイモのようにドクターサポートもある脱毛サロンもありますし、マシンの照射パワーが弱いので、肌トラブルを起こす可能性は低くなります。

ニードル脱毛(針脱毛、美容電気脱毛)のメリット&デメリット

ニードル脱毛(針脱毛、美容電気脱毛)のメリット

・永久脱毛と呼べるのはニードル脱毛(針脱毛、美容電気脱毛)だけ。

毛穴に絶縁針を刺して電流&高周波熱で毛乳頭を焼くことで、永久に毛が生えてこないようにできるのがニードル脱毛(針脱毛、美容電気脱毛)です。

・レーザーなどで照射できない部位も脱毛できる。

色素沈着しているビキニラインや目元や眉などの脱毛もできますし、色素が薄くレーザーなどに反応しにくい毛(白髪、産毛など)や日焼けしている部位、アザ、ホクロ、シミなどの部位のムダ毛も脱毛できます。

ニードル脱毛(針脱毛、美容電気脱毛)のデメリット

・痛みが強い。

ニードル脱毛(針脱毛、美容電気脱毛)は電流&高周波熱で毛乳頭を焼くので、レーザー脱毛や光脱毛よりも痛みが強いです。

・脱毛に時間がかかる。

毛穴に1本1本絶縁針を刺して脱毛していくので、脱毛に時間がかかります。広範囲の脱毛にはおすすめできません。

ワックス脱毛のメリット&デメリット

ワックス脱毛のメリット

・脱毛できない部位はありません。

ワックス脱毛は、温めたワックスを塗布し、シートを貼って脱毛するので、身体の気になるムダ毛、脱毛したいムダ毛の部位を気にせずに脱毛できます。

・すぐに脱毛できる。

脱毛したいと思ったらすぐに脱毛できるので、パーティーや合コンなど急いで脱毛したい時におすすめです。

ワックス脱毛のデメリット

・痛みが強い。

1度に多くの毛を抜くので痛みが強いです。

・また毛が生えてくる。

毛を抜いたとしても、まだ毛根は生きているので毛が生えてきます。

まとめ

「脱毛方法はいくつある?それぞれのメリット&デメリットはこちら」という内容でご紹介しました。

ムダ毛処理には電気シェーバーやカミソリでの剃毛もありますが、今回は脱毛ということで脱毛方法の中には加えていません。

脱毛方法によってそれぞれメリットとデメリットがあるので、脱毛したい部位や痛み、期間などを比較して選んでみて下さいね。