脱毛する前に、注意したいことの1つに肌の色があります。

医療レーザー脱毛や光脱毛では、毛が黒色だということを利用して脱毛していきます。

そこで、肌の色が黒色に近いとどうなるのでしょう?

夏に脱毛したくなる人も多いと思いますが、日焼けしていても大丈夫なのでしょうか?

また、ニードル脱毛は日焼けと関係あるのでしょうか?

では、さっそく紹介していきます。

脱毛は日焼けしていても大丈夫?

医療レーザー脱毛や光脱毛のSSC脱毛、IPL脱毛は日焼けしていると脱毛できませんし、SHR脱毛やニードル脱毛は日焼けしていても大丈夫です。

日焼けをしていると脱毛サロンの施術を受けられない、という話を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

施術を受けてみたいが、どの程度までなら日に焼けていても大丈夫なのかわからず、迷っている人もいるでしょう。

 

サロンやクリニックの脱毛には、光やレーザーを用いるものと、ニードル脱毛という針を使った脱毛があり、それぞれ特徴やメリット、注意点などが異なっています。

日焼けの状態が施術の可否に関連してくるのは、光またはレーザーを用いる方法です。

 

なぜ日焼けをしていると、レーザー脱毛や光脱毛を受けることが出来ないといわれているのか、その理由はお肌のメラニン色素と関係しています。

施術に用いられる光やレーザーには黒い色素に反応するという特性があり、この働きによって、肌の内部にある毛根を破壊するというものです。

黒い色素がない部分には反応が起きないため、お肌を傷つけること無く、内側の毛根だけを熱で破壊することが可能となります。

 

紫外線にさらされると、お肌は自分自身を守るために、メラニン色素の生成を活発化し、肌の色を濃くしようとします。

これが日焼けとして現れているのであり、つまり強い紫外線にあたった肌は、多くのメラニン色素を持つようになります。

 

レーザーや光は、お肌にあるメラニン色素なのか、それともムダ毛のメラニン色素なのかを判別することができません。

このため、強く日に焼けている場合には、こうした施術が受けられないケースもあるのです。

ただし、日に焼けていない状態のお肌にも多少のメラニン色素はあるものですし、必ずしも施術が受けられないというものではありません。

 

 

レーザー脱毛や光脱毛に用いられる機器は一種類ではなく、その効果の強さもそれぞれ異なっています。

一般的に、光脱毛はレーザー脱毛よりもソフトな作用をもたらすものであり、同じような原理の機器が、美容サロンなどでも用いられているのです。

黒い色素に反応する光を、弱く照射することで、肌内部にあるメラニン色素の排出を促すという、エステサロンの美肌施術などもあります。

照射時間や光の作用の強さによって、脱毛効果や美肌効果をもたらすことができると、言われているのです。

 

 

施術に用いられる機器や、光の効果の強弱などは、クリニックやサロンによって異なっています。

このため、もしも日焼けをした状態で施術を受けたいという場合には、まずカウンセリングで肌の状態をチェックしてもらってから、大丈夫なのかどうか判断する事をおすすめします。

ニードル脱毛は日焼けと関係あるの?

ニードル脱毛は日焼けと関係ありません。

ニードル脱毛は、毛穴一つ一つに電極を差し込み、一本一本のムダ毛を処理していくという方法ですので、肌内部のメラニン色素が多くても、施術には影響しません。

なので、ニードル脱毛は日焼けとは関係ないのです。

メラニン色素の量が影響するのは、光脱毛とレーザー脱毛ですので、お肌の色が濃い場合には、ニードル脱毛を選ぶのも一つの手です。

 

ニードル脱毛では、針を使って毛穴に電気を流し、毛乳頭を破壊します。

ニードル脱毛は脱毛効果が高く、永久脱毛といわれる脱毛方法です。

確実にムダ毛を処理するために、ニードル脱毛を選ぶ方もいます。

ニードル脱毛は、ムダ毛を生やさないために効果的な方法ですが、一度に広範囲をケアできないため、光やレーザーと比較すると、脱毛完了までの期間が長くかかります。

また、人によっては痛みを感じることもあるため、ニードル脱毛を受ける場合は、事前にしっかりクリニックでの説明を聞いてから判断しましょう。※ニードル脱毛は、医療行為なので医師や看護師でなければ施術出来ません。

 

 

脱毛は施術によって効果や注意点が異なりますから、まずはサロンや医療クリニックで詳しい説明を聞くことが大切です。

日焼けをした直後などは、お肌が炎症を起こしたような状態になっていることも多いため、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛などの脱毛すること自体を受け付けてくれない場合もあります。

海やプールへ行った直後など、紫外線をたっぷり浴びてしまった際には、お肌の状態が落ち着いてから、サロンやクリニックでカウンセリングを受けましょう。

まとめ

「脱毛は日焼けしていても大丈夫?ニードル脱毛は日焼けと関係あるの?」という内容でご紹介しました。

まとめますと、

Q 脱毛は日焼けしていても大丈夫?

A 日焼け直後の赤くなった肌での脱毛は避け、肌の色が落ち着いてきてから脱毛サロンや医療クリニックなどでカウンセリングを受けましょう。光脱毛、医療レーザー脱毛は日焼けで肌の色が濃すぎると脱毛できない場合もあります。

Q ニードル脱毛は日焼けと関係あるの?

A 日焼け直後の肌を脱毛する場合にはできないこともありますが、基本的には日焼けと関係ありません。

 

肌の色、毛の濃さ、毛周期などは個人差があります。

脱毛する場合には、カウンセリングでわからないことはしっかりと相談しておきましょう。