脱毛中には、肌のために摂取したい栄養素があります。

その理由は、レーザーやフラッシュなどの熱で、肌が乾燥したり熱がこもったりして、肌に負担をかけてしまうからです。

そこで、美肌効果が期待できる栄養素などを摂取することも大切になります。

この記事では、脱毛中に摂取したい栄養素、食べ物、飲み物などのおすすめというものをご紹介します。

脱毛中に摂取したい栄養素とは?

脱毛中に摂取したい栄養素は、βカロテン(ビタミンA)、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛です。

脱毛による効果は店舗ごとによって若干の違いがありますが、最も深く関係していることは個々が持っている毛質や肌質です。

 

もともと毛深くない人が、脱毛中に痛みなどを覚えずに速やかに完了させられるように思われますが、実は毛深い人の方が結果が出やすいのです。

そうした個人差と同じように体内にある栄養素も脱毛中は関係し、中でも重要になるのが美白を目指した化粧品には必ず含有されているビタミンCです。

脱毛中に摂取したい栄養素 ビタミンC

脱毛中に摂取したい栄養素ビタミンCは、人体の粘膜を維持したり、新たな皮膚を生み出すためのターンオーバーを速めてくれる作用があるので、レーザーやフラッシュを照射して負担を負った皮膚を速やかに回復させられるのです。

また、中には強い光を照射することにより、皮膚がんなどのリスクを懸念する人もいるのですが、脱毛中にビタミンCをしっかりと摂取することができていれば、肌に強い光を当てていたとしてもその影響を少なくすることができます。

 

そして、近頃のサロンで導入済みのマシンは単にムダ毛を取り除くだけではなく、同時に肌質を整えてキメの細かい表皮にすることができます。

手で触れた時に滑らかさを感じたり、以前よりも透明感がある見栄えになるので、全てが完了した後にますます綺麗になれるように誘導体にも目を向けてみましょう。

脱毛中に摂取したい栄養素 βカロテン(ビタミンA)

脱毛中に摂取したい栄養素βカロテンは、人間の体内でビタミンAになります。

そのビタミンAは、粘膜の保護の役割の他に、美肌効果もある栄養素です。

脱毛中には、レーザーやフラッシュなどの影響で、肌が乾燥しやすくなります。

肌が乾燥してしまうと、肌にあるバリア機能も低下し、紫外線などの影響を受けやすくなり、その影響でさらに肌が乾燥してしまうという悪循環になってしまいます。

脱毛中には、化粧水や乳液を使って肌の乾燥を防ぐことも大切ですし、必要な栄養素をしっかりと摂取するのも大切です。

脱毛中に摂取したい栄養素 ビタミンB2

脱毛中に摂取したい栄養素ビタミンB2は、皮膚の新陳代謝をアップしてくれる効果があります。

通常28日と言われている皮膚の新陳代謝が正常にできないと、肌の生まれ変わりが遅くなり、角質層の構造が崩れてしまいます。

キメの整っていない肌は、紫外線、寒さなどの外部刺激を受けやすくなります。

脱毛中に摂取したい栄養素 ビタミンE

脱毛中に摂取したい栄養素ビタミンEは、老化の原因と言われている活性酸素が増えるのを防ぐ役割があります。

タバコや紫外線の影響で活性酸素は増えます。

活性酸素による細胞の酸化を抑え、理想的な肌を維持するためにも、ビタミンEは脱毛中に摂取したい栄養素と言えるでしょう。

脱毛中に摂取したい栄養素 亜鉛

脱毛中に摂取したい栄養素ビタミン亜鉛は、皮膚や毛髪を正常に保つという働きがあります。

亜鉛は新陳代謝の活発な肌や毛根にたくさん必要になります。

亜鉛が不足すると、肌荒れや抜け毛になってしまうことも。

また、亜鉛不足になると、皮膚の抵抗力が弱くなり、太陽からの紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。

紫外線からのダメージで、肌の乾燥を防ぐためにも、脱毛中に亜鉛を摂取したいものです。

脱毛中に摂取したい食べ物はこれがおすすめ

脱毛中に摂取したい食べ物は、βカロテン(ビタミンA)、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、イソフラボンを含んだ食べ物です。

では、どのような食材に含まれているのかご紹介していきましょう。

βカロテン(ビタミンA)を多く含む食材

βカロテンは緑黄色野菜にたくさん含まれています。

ではご紹介しましょう。

食品100g当たりのβ-カロテンの含有量ベスト5(単位はマイクログラム)

水分が40%以上含まれている食材では、しそ11000、モロヘイヤ10000、人参8600、パセリ7400、バジル6300などとなっています。

水分が40%未満の食材では、味付け海苔32000、粉の抹茶29000、焼き海苔27000、乾燥青のり17000、唐辛子17000となっています。

ビタミンB2を多く含む食材

ビタミンB2は、ウナギ、レバー、納豆などに多く含まれています。

食品100g当たりのビタミンB2の含有量ベスト5(単位はミリグラム)

水分が40%以上含まれている食材では、豚レバー3.60、牛レバー3.00、鶏レバー1.80、レバーペースト1.45、キャビア1.31となっています。

水分が40%未満の食材では、ドライイースト3.72、焼き海苔2.33、味付け海苔2.31、インスタントラーメン1.67、乾燥青のり1.61となっています。

ビタミンCを多く含む食材

ビタミンCは野菜や果物に多く含まれています。

食品100g当たりのビタミンCの含有量ベスト5(単位はミリグラム)

水分が40%以上含まれている食材では、赤ピーマン170、黄ピーマン150、ゆずの果皮150、アセロラジュース120、パセリ120などです。

水分が40%未満の食材では、煎茶の茶葉260、焼き海苔210、味付け海苔200、粉の抹茶60、乾燥青のり40などです。

ビタミンEを多く含む食材

ビタミンEはナッツや魚介類に多く含まれています。

アーモンドやナッツに入っているビタミンEは、ホルモンバランスを正常化させられる上に、抗酸化作用も持ち合わせているので、体毛が無くなり美しくなった容姿をいつまでもキープできます。

食品100g当たりのビタミンEの含有量ベスト5(単位はミリグラム)

水分が40%以上含まれている食材では、あんこうのきも13.8、すじこ10.6、キャビア9.3、いくら9.1、焼き鮎8.2などです。

水分が40%未満の食材では、煎茶の茶葉64.9、唐辛子29.8、アーモンド29.4、粉の抹茶28.1、サフラワー油27.1などです。

亜鉛を多く含む食材

亜鉛は牡蠣や牛肉に多く含まれています。

食品100g当たりの亜鉛の含有量ベスト5(単位はミリグラム)

水分が40%以上含まれている食材では、生牡蠣13.2、豚レバー6.9、ホヤ5.3、牛肉の肩の部位4.9、カニ缶4.7などです。

水分が40%未満の食材では、ビーフジャーキー8.8、パルメザンチーズ7.3、煮干し7.2、ピュアココア7.0、たたみいわし6.6などです。

女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをするイソフラボン

女性が特に気になる体毛は、男性ホルモン(テストステロン)が優位になると太くて濃い毛になり、女性ホルモンが優位になるほど体毛の成長が遅くなったり、身体から見受けられなくなります。

このように、体毛はホルモンとの兼ね合いが強いことから、身体の根本的な仕組みを作り出すための食べ物の摂取には十分に気を配る必要性があります。

つまり、脱毛中は女性ホルモンの働きを高められる物がおすすめでき、活発にさせられるとして有名な成分がイソフラボンです。

 

イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンという物質によく似た構造になっているので、ダイレクトに訴えかけられますし、効果が強く脱毛中には大変重宝します。

また、肌を滑らかにする働きをしてくれるので、毛が無くなって空洞になった毛穴を確実に引き締めてくれますし、かつてよりも痩せやすい体質になるといったように、脱毛後に嬉しいプラスアルファの作用があるのです。

イソフラボンを含む具体的な食材としては、豆腐や納豆といった大豆食品の他に、ごまや卵からも摂取できることから、様々な料理に使いながら無理なく摂取できる成分です。

脱毛中に摂取したい飲み物はこれがおすすめ

脱毛中に摂取したいおすすめの飲み物は豆乳、プラセンタドリンクです。

女性ホルモンが減ると男性ホルモンの働きが強まってしまうので、脱毛中であるのにも関わらず、濃い毛が生えてきてしまうこともあります。

また、ニキビができたり、肌が脂っぽくなったりするのも、男性ホルモンの働きが強くなっていることが考えられます。

 

せっかく定期的にサロンに通い、高額な費用を出すのであれば、摂取したい飲み物にもこだわりたいもの。

しかし、意外とおろそかにされてしまうのが、1日に何度も摂取する飲み物についてです。

 

脱毛中におすすめの飲み物が豆乳だという理由は、イソフラボンが含まれているからです。

食べ物でおすすめなのは大豆食品なのですが、飲み物では、豆乳をミキサーにかけて作るドリンクがおすすめです。

時間がない時や忙しいときに食事をしなくても、すぐに栄養素を取り入れる事ができます。

身体を維持するために必要なものが不足することなく入っているので、朝ごはんの代わりとして飲んでいる人もいますし、ダイエット飲料として高い知名度もあります。

 

 

次にプラセンタが脱毛中におすすめの飲み物だという理由なのですが、プラセンタはホルモンバランスを調整するという効果があるからです。

他にもプラセンタには、活性酸素の除去、代謝を活発にするなど美容効果にも効果が期待できます。

 

その他の脱毛中におすすめの飲み物は、ハーブティーを飲むことでリラックス効果が得られたり、温めたゆず茶や生姜湯を作って飲むようにすると体の内部から温まるので、冷えにも効果的です。

同じく、水を丁寧に沸かして摂取する白湯も、体内の老廃物を流してくれるデトックス効果があります。

また、基礎代謝の上昇や美肌効果、体温があがることで冷えの緩和にも効果的です。

まとめ

「脱毛中に摂取したい栄養素とは?食べ物と飲み物はこれがおすすめ」という内容でご紹介しました。

脱毛中には、熱などで肌への負担が大きくなるので、できれば食べ物や飲み物でしっかりと栄養素を補給しておきたいものですね。

食材から摂取するのが難しいようなら、サプリメントで栄養素を補給するのも良いでしょう。