小学生の高学年(5年生、6年生)の頃から、声変わりや毛が濃くなったり増えてきたりします。

特に女の子で、中学生の頃には、身体に生えてくるムダ毛が気になる人も多いはず。

そこで、中学生が脱毛するときに、カミソリで剃るのか、家庭用脱毛器で脱毛するのか、電気シェーバーを使って剃るのかということを紹介します。

それぞれの特徴について記事にしていますので、どれがいいのか見ておきましょう。

中学生の脱毛をカミソリでするのはどうなの?

中学生など、ムダ毛が気になり始める年頃の女の子は、高価なエステサロンでの脱毛ケアを気軽に受けることが出来ませんよね。

また、市販されている家庭用脱毛器も手に入れることができないことも多いため、主なお手入れ方法としてカミソリを利用してムダ毛剃っている女の子がほとんどだと思います。

脱毛というより、剃毛/ていもう(毛を剃ること)が多いようです。

 

カミソリはドラッグストアでも手軽に購入することが出来ますし、価格が安いので、中学生でもかんたんに買って使うことが出来ます。

ただカミソリの場合、1度ムダ毛を剃ってもすぐにムダ毛は伸びてきてしまうので、毎日ムダ毛を剃る必要があるなどちょと面倒です。

 

特に夏の季節は、半袖やショートパンツを着て肌の露出が多くなったり、学校の体育などでプールの授業がある場合も多いので、きちんとムダ毛を処理しようとこまめにお手入れをする女の子もいるでしょう。

ただ、こまめにお手入れをすることで、肌に負担を与えてしまい、肌荒れや色素沈着(皮膚の黒ずみ)など肌トラブルになってしまうこともあります。

 

そのため、どうしても自宅で剃毛を行う場合には、専用のシェービングジェルで肌の滑りを良くすることや、剃毛を行った後は必ず保湿ローションやクリームを使用して潤い補給を行うことで、肌の乾燥を未然に防ぐことが肌トラブルを起こさないためにも大切なアフターケアとなります。

中学生の脱毛を家庭用脱毛器でするのはどうなの?

中学生でもエステサロンなどの美容専門施設に通わずに、もっと手軽にムダ毛の処理を済ませたいという場合には、家庭用脱毛器を購入してムダ毛を脱毛する方法もあります。

 

従来の家庭用脱毛器というと、ムダ毛を掴んで抜いていくというかんたんなお手入れができる製品がほとんどでした。

価格も1万円以下で購入することが出来たり、防水機能が搭載されているので、お風呂場で泡脱毛を行えるなど毛を抜くときの摩擦を最小限におさえることができる家庭用脱毛器でした。

このお手入れ方法は、ムダ毛を根本から抜く際にかなりの痛みが伴うので、続けて使用することをやめてしまう人もいます。

 

そこで、エステサロンで実際に脱毛する「フラッシュ脱毛」という方法と同じ「光を使った脱毛方法」ができる家庭用脱毛器(ケノン)を使ってムダ毛を脱毛する中学生もいます。

ケノンは、光の強さを調節したり、照射の回数(光を肌に当てる回数)を変えたりすることができます。

ケノン

ケノンが安いのは公式サイト脱毛器ランキング1882日連続1位!真似できない実績「ケノン」

 

家庭用脱毛器は、ムダ毛に含まれているメラニン色素に反応する特殊な光が、毛根に直接ダメージを与えることによって、照射をしてから数週間ほどたつと、自然にムダ毛が抜け落ちるようになります。

除毛を行うよりも根本からムダ毛が抜けるので、長期間ツルツルの肌の状態で過ごすことができますし、何より繰り返しケアを行うことで、ムダ毛がだんだん目立ちにくくなり、自己処理の手間がなくなっていくのが最大のメリットです。

 

ただ、中学生はまだホルモンバランスが安定していないので、脱毛や剃毛しても、また違う場所からムダ毛が生えてくる可能性があります。

中学生の脱毛を電気シェーバーでするのはどうなの?

家庭用脱毛器は高くて買えないという場合や、カミソリの刃を直接肌にあてるのは不安と感じる中学生の女の子も多いです。

なので、同じ除毛(肌に生えている毛で見える毛を取り除くこと)ケアでも、肌への負担を最小限に抑えることが出来る電気シェーバーを利用する中学生が増えてきています。

 

市販されている電気シェーバーは、刃の部分がセミラック製で出来ているので、肌当たりが良く使用後は水洗いをすることが出来るので、錆びることはなくいつまでも清潔な状態で使用することができるという特徴があります。

電気シェーバーには、乾電池タイプと充電タイプの二種類があり、どちらも防水仕様のタイプであればお風呂に入った時などに毛を剃ることができるので、時間を有効活用してお手入れを続けることができます。

 

電気タイプのシェーバーの最大の良い点・メリットは、カミソリに比べて肌への刺激が少ないことにあるので、敏感肌の方やデリケートな部位の処理を行う場合も安心して使用することが出来ます。

 

サイズも広範囲のムダ毛が処理出来る広めのシェーバーから、顔の産毛などをケアすることが出来るスティックタイプのシェーバーまで豊富に販売されていますので、用途に合わせて適切な方法でケアを続けることによってきれいな素肌を維持することが出来ます。

まとめ

「中学生の脱毛はカミソリ、家庭用脱毛器、電気シェーバーのどれ?」という内容でご紹介しました。

中学生はまだ完全に毛が生えそろっていないので、剃ったり脱毛したりしても、ホルモンバランスの影響でまた違う部位からムダ毛が生えてくる可能性があります。

お金をかけずにムダ毛を除毛するならカミソリ、肌に優しい方法でムダ毛を除毛するなら電気シェーバーか家庭用脱毛器を使うと良いでしょう。

中学生が脱毛サロンや医療クリニックに通うのはあまりおすすめできません。

身体のことやお金の面でも、もう少し大人になってから脱毛サロンや医療クリニックに通うほうが良いでしょう。