家庭用の脱毛器で脱毛したり、電気シェーバーを使って脱毛する人もいます。

脱毛サロンやクリニックに通うのが面倒とか、お金を節約したいと思っている人も多いのではないでしょうか?

ただ、夏に水着を着る女性はしっかりとビキニラインをお手入れしておきたいもの。

そこで、セルフ脱毛を電気シェーバーを使ってお手入れする時の手順や注意点をご紹介!

ビキニラインのセルフ脱毛で電気シェーバーを使う時の手順

普段、ムダ毛の処理は腕や足、脇などムダ毛が目立つ部位を中心に、部分的なお手入れだけをおこなっているという女性は少なくありません。

普段のお出かけであれば特に問題は無いお手入れ方法なのですが、水着など肌の露出が極端に増える服装をする場合、普段はケアをしない背面部のお手入れや、デリケートゾーンのムダ毛処理もしっかり済ませる必要がでてきます。

なので、お手入れ方法に悩んでしまう方は少なくないのです。

 

エステサロンや脱毛サロンなどの美容専門施設を利用してお手入れを受ける方法もありますが、毛周期に合わせて1~2ヶ月に一度のペースでサロンに通う必要があります。

ただし、仕事をされている社会人の方や、自宅近くにエステサロンや脱毛サロンなどの美容施設が無い場合は通うことが難しくなってしまい、もっと気軽に自宅でお手入れをしたいと思っている方もいます。

そこで、自分の生活ペースでケアをする方法として、セルフ脱毛をしている人もいます。

もし、セルフ脱毛を行う場合、市販されている家庭用脱毛器や、ソフトワックスやハードワックスのキットを利用して脱毛を行う必要があります。

 

セルフ脱毛をするときに、ビキニラインなどムダ毛が比較的長い部分は、いきなり脱毛ケアを行うとムダ毛を引っ張り、肌に負担をかける可能性が高いので、事前に短くカットしておきましょう。

電気シェーバーを利用し、処理を済ませておく手順を取るようにすると、肌へのダメージを最低限に抑えてケアを行うことが出来ますので、実際に脱毛ケアを行う場合にスムーズなお手入れが可能になります。

またエステサロンや脱毛サロンなどの美容専門施設を利用する場合も、自宅で事前に除毛を済ませておくように指示される場合が大半なので、剃り残しがないように鏡を見ながら電気シェーバーでまんべんなくお手入れを行っておく必要があります。

ビキニラインなどVIOラインの処理は、他の部位に比べて皮膚がデリケートなので、あまり何度もケアを繰り返さないようにすることも大切です。

ビキニラインのセルフ脱毛で電気シェーバーを使う時の注意点

ムダ毛の処理を行う際に、短時間でお手入れが出来るという理由で、カミソリを利用し、除毛ケアを済ませている女性はかなり多いとされていますが、カミソリは歯を直接肌にあててムダ毛を処理する必要がありますので、ムダ毛と一緒に肌表面の角質も一緒に剥がしてしまいます。

なので、きちんと保湿ケアをしていないと、肌の乾燥や色素沈着など肌トラブルの原因になってしまう危険があります。

 

そうならないように、デリケートゾーンであるビキニラインのセルフ脱毛を行う前に、ムダ毛を軽くカットしておきたい場合などは、市販されているヒートカッターを利用したり、長いムダ毛を短くカットすることが出来る専用コームを装着することが出来る電気シェーバーを利用することがとても大切です。

特に電気シェーバーは、肌にかかる負担を最小限に抑えることが出来るメリットがありますので、敏感肌の方でも安心して利用することが出来ますし、ビキニラインなど皮膚が他の部位に比べて薄く、刺激を受けやすい部位でも安心してムダ毛の除毛を行うことが出来るのでおすすめの美容アイテムです。

 

ただし、やはり除毛を行った後は、電気シェーバーであっても肌に負担がかかってしまっている状態なので、そのまま放置してしまうと肌の乾燥を招いてしまう注意点があります。

そのため、除毛を行う際のポイントとして、事前に使用する電気シェーバーが汚れていないかということを確認して、清潔にした状態で肌に使用するようにしましょう。

さらに、除毛を済ませた後は肌がデリケートな状態になっているため、肌の乾燥を防ぐためにも保湿ローションなどを利用して、不足しがちな潤いを充分に補ってあげることが肌荒れを防ぐためにも重要になります。

 

ビキニラインなどは特に肌荒れが目立ちやすくなる部位でもありますので、アルコールなど肌に刺激となる成分が配合されているボディローションなどを利用すると、かえって肌に負担をかける可能性があるため、低刺激タイプのローションやボディクリームで肌を整えることが大切になります。

まとめ

ビキニラインのセルフ脱毛で、電気シェーバーを使う時の手順と注意点についてご紹介しました。

電気シェーバーを使う時の手順は、ムダ毛を短くカットし、その後に電気シェーバーを使ってお手入れをするようにしましょう。

また、電気シェーバーを使う時の注意点は、清潔な状態で肌に使用することと、電気シェーバーを使った後には肌の保湿をしっかりとしておくと良いということになります。

その祭、肌の弱い人はアルコールが含まれたボディローションなどは控えた方が安心です。